今日の晩ごはん

お豆腐のとろとろポトフ

調理時間
20分

重曹の力でとろけるお鍋

まろやかな豆腐が主役の和風ポトフ。驚くほどなめらかな舌触りのヒミツは重曹。2種類のタレと、柚子こしょうで味に変化をつけながら、単調になりがちな豆腐のお鍋をたっぷり楽しめる。

材料 ( 2人分 )

<A>
  • チキンストック (または水1リットルに顆粒鶏ガラスープ小さじ2杯を溶かしたもの) …1リットル
  • 絹ごし豆腐 …1丁
  • 油揚げ …1枚
  • 豚バラ肉薄切り …100g
  • 昆布 …5cm
  • 重曹 …小さじ1
  • ほうれん草 …1束
  • 青ねぎ …適量
<黒こしょうのごまダレ>
  • 白すりごま …大さじ2
  • 白練りごま …大さじ3
  • 醤油 …大さじ1
  • 砂糖 …大さじ1
  • 黒こしょう …小さじ1/2
  • 水 …大さじ2~4(好みに合わせて固さを調節)
<ゆず胡椒ポン酢>
  • 醤油 …大さじ3
  • 酢 …大さじ2
  • みりん …大さじ1
  • おかか …1パック
  • 柚子こしょう …適量

作り方

1 下ごしらえ
ほうれん草は下ゆでし、食べやすい大きさに切る。油揚げ、豚肉も食べやすい大きさに切る。豆腐は6等分に切る。青ねぎは小口切りにしておく。
2 火にかける
鍋に<A>を入れて火にかける。
3 煮る
沸騰したら重曹を入れ、蓋をして弱火で5~8分ほど好みの軟らかさになるまで煮る。
4 仕上げる
ほうれん草と刻んだ青ねぎを入れる。
5 タレを作る
ボウルに<黒こしょうのごまダレ>材料をすべて入れ、混ぜ合わせる。柚子こしょう以外の<柚子こしょうポン酢>の材料を器に入れレンジで1分加熱後、柚子こしょうを加えよく混ぜる。

Point

  • 温泉水からヒントを得て

    温泉でゆでた豆腐がトロトロだったことにヒントを得て、重曹を。煮込みすぎると豆腐が溶けてしまうので注意。

  • 福岡に暮らす親戚に教わったレシピで、毎年手作りする自家製柚子こしょう。九州の山中で採れるゆず、青唐辛子、奄美の塩など厳選された材料を使う。レシピは極秘!

副菜 memo

歯ごたえのあるおかずを合わせて

ふわふわとろりの優しいお鍋には、食感が楽しく、味つけもしっかりした根菜のきんぴらを。いつもより少し豪華に牛肉を入れると満足感がUP! ご飯も進みそう。