今日の晩ごはん

白菜と春雨のサンラータン

調理時間
20分

一品で身体ぽかぽか、大満足!

程良く酸っぱ辛いスープと、つるんと喉越しのいい春雨で、食欲がない日も箸が進む。白菜は千切りにすると火の通りもあっという間。帰りが遅くなる夜にも心強い。

材料 ( 2人分 )

  • 白菜 …5枚程
  • 干ししいたけ …2個
  • 水 …3と1/2カップ
  • 春雨 …100g
  • 酢 …60ml
  • みりん …大さじ2
  • 醤油 …大さじ2
  • 溶き卵 …2個分
  • ラー油 …小さじ2
  • 炒りごま …適量
  • 片栗粉(大さじ1の水で溶いておく) …大さじ1

作り方

1 下ごしらえ
干ししいたけは水に浸けて1時間ほど戻したら、水分を手で絞り、石づきを除き幅1cmに切る。白菜は長さ5cm、幅5mmの千切りにし、白い茎部は別にしておく。
2 煮る
鍋に干ししいたけの戻し汁を3カップ入れて熱し沸騰したら、干ししいたけ、春雨、白菜の茎部、酢、みりん、醤油を入れ3~4分煮る。春雨が透明になったら水溶き片栗粉を入れて、火が通ったら溶き卵を流し入れ、白菜の葉を入れて火を止めて器に盛る。
3 仕上げ
ごま、好みでラー油もかけていただく。

Point

  • 白菜は分けて入れる

    硬くて火の通りにくい芯の部分は先に入れ、軟らかい葉の部分は後に入れることで、均一に火が通る。

  • たっぷり食べたい白菜は、千切りにするのがポイント。鍋やスープではざく切りで使うことが多いが、細く切ることで、春雨との絡みがよくなり、食べやすい。火の通りもいい。

副菜 memo

中華風の箸休めを添えて

ひと品で食べ足りない場合はシンプルな塩むすびをプラスして。簡単な箸休めを作るなら、大根を酢醤油で浅漬けにしたものを。八角やクローブなどのスパイスを一緒に漬けると、中華風に仕上がる。