今日の晩ごはん

和食 ご飯

主な食材 : しらす カブ

ひと草粥

調理時間
40分(米の浸水時間は除く)

カブで味わう季節のおかず

一月七日はその年の無病息災を祈って、七草粥をいただく日ですが、セリ、ナズナ、ハコベラなど七草をすべてそろえるのは大変……。身近なカブで季節行事を楽しんで。

材料 ( 2人分 )

  • 米 …大さじ6
  • 水 …3カップ
  • カブ …1個
  • 塩 …適量
  • しらす …適量

作り方

1 下ごしらえ
土鍋(なければ普通の鍋)に研いだ米、水を入れて30分程おく。カブは約1.5cm角に切り、葉は小口切りにする。
2 米を炊く
1の鍋を中火にかけて煮立ったらカブの実を加え、底から軽くかき混ぜる。蓋を少しずらしてかぶせ、弱火で30分炊く。
3 仕上げる
仕上げにカブの葉を加えてさっと混ぜ、塩で味を調える。器に盛り、しらすをのせる。

Point

  • 鍋底からかき混ぜる

    鍋底に米がこびりつく恐れがあるので、煮立ったらはがすようにして全体を軽く混ぜる。粘りが出てしまうので混ぜるのはこの一度だけ。

  • 食べごたえを出すため、カブは葉だけでなく、小さく切った実も加える。米と一緒に弱火で炊くことで、とろりと軟らかくとろける食感に。カブの甘みとしらすの塩気が好相性。

副菜 memo

揚げものを添えてコクをプラス

粥がさっぱりしていて味もシンプルな分、コクのあるものを添えて満足感を出す。グリルで焼いた熱々の栃尾揚げに、すりおろしショウガをたっぷり加えた醤油をかけたものなど、手軽にできる一品を。