今日の晩ごはん

アンチョビとキャベツのクリームパスタ

調理時間
15分

レモンの酸味でクリームのコクを引き立てて

キャベツは麺と一緒にゆでて、適度な塩気をつけておくのがポイント。アンチョビとニンニクの風味が染み込んだクリームソースに、レモンを添えて爽やかな酸味をプラス。

材料 ( 2人分 )

  • スパゲティ …200g
  • キャベツ …2枚
  • アンチョビフィレ …4枚
  • ニンニク(みじん切り) …1片分
  • 生クリーム …1カップ
  • オリーブ油 …大さじ2
  • レモン(輪切り) …4枚
  • 塩 …適量
  • 黒こしょう、粉チーズ …各適宜

作り方

1 下ごしらえをする
キャベツは約3㎝の角切りにする。アンチョビはみじん切りにする。
2 スパゲティをゆでる
鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩を入れてパスタを袋の表示通りにゆでる。ゆで上がりの数分前に1のキャベツを加える。
3 ソースを作る
フライパンに油を引いてアンチョビ、ニンニクを入れて、香りが立つまで熱する。生クリームを加えて沸騰しない程度に熱する。
4 仕上げる
3のフライパンにゆで上がったパスタとキャベツを加えてソースを全体に絡める。皿に盛り、上にレモンをのせ、好みで黒こしょう、粉チーズを振る。

Point

  • 生クリームを加えたら火を入れすぎない

    生クリームは沸騰させると分離して風味が落ちるので、火を入れすぎないよう注意して。写真のようにぷくっとふくらんだら火から下ろす。

  • レモンの輪切りを仕上げにのせる。レモンの爽快な酸味と、濃厚なクリームソースとの味のコントラストがクセになる。見た目が春らしく華やかになり、おもてなし料理としても重宝する。

副菜 memo

緑の食材を使った副菜を

全体の色味が白く、繊細な見た目のパスタには、ブロッコリーのショウガ醤油和えや新ワカメと新玉ねぎの青ジソドレッシング和えなど、緑の食材をメインに使った副菜を添えて、カラフルな食卓に。