今日の晩ごはん

ラム香菜餃子

調理時間
30分(皮を休ませる時間は除く)

粗挽きラムのジューシーな肉汁をほおばって

定番の餃子は、タネの具材をひと工夫すれば、いつもと異なる雰囲気に早変わり。独特の風味がクセになるラム肉と香菜を合わせて、お酒に合わせたいひと品に。

材料 ( 2人分 )

  • ラム肩肉 …150g
  • キャベツ …100g
  • 長ねぎ …10㎝
  • 香菜(根は除く)   …2株(約20g)
  • ショウガ(すりおろし) …1片分
<A>
  • 酒 …大さじ1
  • 小麦粉 …小さじ1/2
  • 塩、醤油 …各小さじ1/2
  • こしょう …適量
<餃子の皮>
  • 薄力粉 …60g
  • 強力粉 …60g
  • 熱湯 …60ml
<餃子の皮>
  • 薄力粉 …60g
  • 強力粉 …60g
  • 熱湯 …60ml
  • サラダ油 …大さじ1/2
  • ごま油 …大さじ1/2
  • 醤油、酢、黒こしょう …各適量

作り方

1 餃子の皮を作る
ボウルに粉類を入れて混ぜ合わせ、真ん中をくぼませて熱湯を注ぐ。菜箸で混ぜながら全体をなじませ、粉っぽさがなくなったら、手でこねてひとまとめにする。ラップで包み、1時間ほど休ませる。
2 具材の準備をする
ラム肉は包丁で粗めにたたく。キャベツ、ねぎ、香菜はみじん切りにする。キャベツは塩小さじ1/2を振ってもみこみ、水気を絞る。
3 タネを作る
別のボウルに2、ショウガ、残りの<A>を入れてよくこねる。
4 包む
1を棒状に伸ばし16等分する。めん棒で丸く約1mm厚さに伸ばし3を等分に包む。
5 焼く
フライパンにサラダ油を熱し、4を並べ入れる。底に焼き色がついたら湯100ml(分量外)を回し入れ、蓋をして約5分蒸し焼きにする。水分がなくなったら、ごま油を回しかけて皮がパリっとしたら火を止める。
6 仕上げる
器に盛り、醤油、酢、黒こしょうをつけていただく。

Point

  • 皮は棒状にしてから切り分ける

    皮の材料をひとまとめにして棒状にしておくと扱いやすい。16等分に切り分けてからめん棒で薄く伸ばして。くっつきやすいので打ち粉は忘れずに。

  • 中国東北地方では定番のラムと香菜の組み合わせ。独特の風味をもつ食材同士、相性も抜群。かたまり肉を粗めにたたいて食感を残すのがポイント。ゆでて水餃子にしても美味しい。

副菜 memo

旬の食材を入れた中華風スープを

鶏ガラベースのスープに、薄切りにした大根、きのこ、根菜などを入れてさっと煮た簡単中華スープを添えて。定番おかずは、旬の食材を使った副菜を添えれば献立に季節感が出せる。