今日の晩ごはん

カキフライ ラビゴットソース添え

調理時間
30分

じゅわっと勢いよく揚げて

フランス料理では定番の酸味をきかせたラビゴットソースを添えて、スタイリッシュに。しっかり水気を拭くこと、パン粉をすくうこと、これらに気を付ければカキフライがうんと美味しくなる。

材料 ( 4人分 )

  • カキ(できれば大ぶりのもの) …20粒
  • 塩、こしょう …各適量
  • 薄力粉 …適量
  • 卵 …1個
  • パン粉(あれば粗挽きのもの) …適量
  • 揚げ油 …適量
<ラビゴットソース>
  • 玉ねぎ …1/4個
  • ゆで卵 …1個
  • コルニッション(またはピクルス) …2本
  • ケッパー …15粒
  • ディル …2枝
  • 白ワインビネガー …大さじ1
  • マスタード …大さじ1
  • 塩 …小さじ1/2
  • 白こしょう …適量
  • 太白ごま油(またはオリーブ油) …大さじ3
  • キャベツ(せん切り) …適宜

作り方

1 ラビゴットソースを作る
玉ねぎはみじん切りにして水にさらす。ゆで卵、コルニッション、ケッパー、ディルはすべてみじん切りにする。ボウルに入れて白ワインビネガー、マスタード、塩、こしょうを加えてサラダ油を少しずつ混ぜ加える。
2 下ごしらえをする
ボウルにカキ、片栗粉適量(分量外)を入れてやさしく混ぜるようにして洗う。水をはった別のボウルに入れて汚れを落としたらざるにあげ、水気を拭き取る。
3 衣をつける
塩、こしょうを振り、薄力粉をまぶしやさしくはたく。ボウルにカキを入れて卵を割り入れて混ぜ、カキを入れて軽くねばりが出るまで混ぜ合わせる。パン粉を全体に付ける。
4 揚げる
鍋に揚げ油を低温(170℃)に熱し、5個ずつ揚げる。1分たったら、油を菜箸などで揺らす。さらに1分たったら引き上げる。
5 仕上げる
皿に4を盛り、好みでキャベツのせん切りを添える。ラビゴットソースをつけながらいただく。

Point

  • ラビゴットソースを作る

    フランスで「元気を出させるソース」の意味をもつ酸味が利いたソース。タルタルソースより軽やかでさっぱりとしていて魚介系の料理によく合う。

  • 浮いてきたパン粉をすくう

    カキを揚げ油に入れた際に、カキから離れて浮いてきたパン粉は必ずすくう。そのままにしておくとカキにくっついてべちゃっとしてしまうので気を付けて。

副菜 memo

作り置きおかずを盛った小鉢を

揚げたてのカキフライのおいしさは格別! 副菜は事前に用意しておくのが正解。炒り豆腐や、ポテトサラダなど前日に作っておける作り置きおかずがおすすめ。