今日の晩ごはん

カキの甘辛炒め

調理時間
20分

ごはんにのっけて食べたい甘辛味

カキは下ゆでしてから炒めることで火の通りすぎを防げます。片栗粉をまぶすとカキに味がよくからみ、より濃厚に。ほうれん草はたっぷりと入れるのがふみえさん流です。

材料 ( 2人分 )

  • カキ …200g
  • ちぢみほうれん草 …1袋
  • 白髪ねぎ …適量
  • 片栗粉 …適量
  • 太白ごま油(またはサラダ油) …大さじ1と1/2
A
  • 醤油 …大さじ3
  • みりん …大さじ1と1/2
  • きび砂糖 …小さじ2

作り方

1 下ごしらえをする
ボウルにカキを入れ、ひたひたの水と片栗粉大さじ1(分量外)を加えてやさしく振り洗いする。水がにごってきたら流水でやさしくすすぐ。ちぢみほうれん草は泥を洗い流して3cm長さに切る。
2 カキを下ゆでする
鍋に熱湯を沸かし、1のカキを入れる。カキがぷっくりとふくらんで弾力が出たらすぐに取り出す。水気を軽く拭き片栗粉を薄くまぶし付ける。
3 炒める
フライパンに油を入れて熱し、カキの両面をカリッと焼いて取り出す。同じフライパンでちぢみほうれん草を炒めてしんなりしたら、カキを戻し入れる。
4 仕上げる
Aを混ぜ合わせ、3に加え全体に絡ませるように炒める。皿に盛り、白髪ねぎをあしらう。

Point

  • カキを下ゆでする

    カキは火を通しすぎると縮んで固くなるので、先に下ゆでしておいて炒める時間を短くする。ぷくっとしてきたらすぐ取り出す。

副菜 memo

さっぱりと箸休めになるものを

醤油、みりんで甘辛く仕上げた主菜には、箸休めになるやさしい味わいの副菜を添えて。かぶと柚子のマリネなど爽やかな酸味を利かせたものがおすすめ。