今日の晩ごはん

鶏肉と秋野菜のカシューナッツ炒め

調理時間
20分

カリッと香ばしいカシューナッツが味の決め手

中華料理では定番の炒めもの。鶏肉は下味をしっかりと付けて片栗粉をまぶしておくと味が決まりやすくなります。火の通りやすいチンゲン菜は最後に加えると水気が抑えられて失敗知らず。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏モモ肉 …1枚(約250g)
A
  • ショウガの絞り汁、酒 …各小さじ1
  • 塩 …小さじ1/5
  • こしょう …少々
  • ナス …1本
  • エリンギ …1パック
  • チンゲン菜 …2株
  • カシューナッツ …30g
  • ニンニク、ショウガ(薄切り) …各3〜4枚
  • 片栗粉 …小さじ1
  • サラダ油 …小さじ1
B
  • 醤油、酒、みりん、オイスターソース …各大さじ1/2
  • こしょう …少々
  • 水溶き片栗粉 …(片栗粉小さじ1を水大さじ1で溶いたもの)

作り方

1 下ごしらえをする
鶏肉はひと口大に切ってAをもみ込んで10分置き、片栗粉をまぶす。ナスは1.5cm角に切って冷水に約5分放ち、水気を拭く。エリンギ、チンゲン菜は1.5cm角に切る。
2 炒める
フライパンにサラダ油、ニンニク、ショウガを入れて中火で熱し、香りが立ってきたら鶏肉を加えて炒める。肉の色が変わったらカシューナッツ、ナス、エリンギ、チンゲン菜を順に加えてその都度炒める。
3 仕上げる
全体がしんなりしてきたら混ぜ合わせたBを加えて味を調え、水溶き片栗粉を回し入れる。とろみがついたら火を止めて器に盛る。

Point

  • 食材は時間差で炒める

    食材はすべて一緒に加えるのではなく、火が通りにくいものから先に加えて炒める。チンゲン菜は最後に入れるとほどよい食感が残り、全体が水っぽくならない。

副菜 memo

優しい味の副菜を

オイスターソースでしっかりとした味に仕上げた主菜には、エビの水餃子などさっぱりとした優しい味のものを合わせる。ぷるんとした食感がアクセントに。

❝this❞ is my life. INTERVIEW
WEDGWOODの「Gio」で料理がもっと楽しくなる! みないきぬこさんの料理教室
カレーもおこわもワイン煮も!甘さを活かしたサツマイモレシピ