今日の晩ごはん

チキンソテーオリーブソース

調理時間
30分

爽やかな酸味で食欲そそるチキンソテー

鶏肉の旨味を、付け合わせのサツマイモやソースにもフル活用。フライパン1つで作れる簡単調理で、おもてなしの一品にもなるチキンソテーのでき上がりです。オリーブの実や白ワイン、レモンの風味が爽やかな食感を引き立てます。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏モモ肉 …1枚(280g)
  • オリーブ油 …大さじ1/2
  • サツマイモ …120g
  • 塩 …適量
  • 黒こしょう …少々
  • アンチョビ入りオリーブ(種無しオリーブでも可) …5個
  • 玉ねぎ(みじん切り) …小1/4個
  • 白ワイン …大さじ2
  • レモン汁 …小さじ1
  • レモンの皮(すりおろし) …少々
  • イタリアンパセリ(あれば) …適量

作り方

1 鶏肉の下ごしらえ
鶏肉は余分な油を取り除き、表面の水気をペーパータオルで拭き、身の方に塩ひとつまみふる。
2 鶏肉を焼く
フライパンにオリーブ油を入れて弱めの中火にかけ、温まってきたらフライパンをゆすってオイルを全体にのばし、鶏肉の皮のシワを張り、皮目を下にして入れる。
3 サツマイモを焼く
放射線状に切ったサツマイモを鶏肉の周りに入れる。鶏から出てきた脂を吸わせながら時々返し、火が通ってカリッとするまで焼く。取り出して塩ひとつまみふる。
4 鶏肉をひっくり返す
鶏肉は3/4くらい身の色が白く変わって火が通り、皮目が香ばしく焼けたら、ひっくり返して弱火にして30秒焼き、火を止めてそのまま1分休ませる。
5 ソースを作る
鶏肉をフライパンから取り出して中火にかけ、みじん切りしたアンチョビ入りオリーブと玉ねぎを加えて炒め、白ワインを加えてはりついている旨味を煮溶かすようにヘラなどでこそぎとる。レモン汁を加えて混ぜ、皿に盛った鶏肉にかける。
6 仕上げる
イタリアンパセリを荒く刻んでちらし、黒こしょうをふり、レモンの皮を散らす。

Point

  • ひと押しで焼き色が均一&パリッと

    鶏肉を入れたらすぐ、ターナーなどでしばらく全体を押し付けながら焼く。
    皮目がのびて、均一な焼き色とパリッとした食感に。

  • 鶏肉と一緒にサツマイモを焼く

    鶏肉の周りにサツマイモを並べて焼く。調理の短縮だけでなく、鶏肉の旨味をサツマイモが吸って、ひと手間かけたような味わいに。

  • 鶏肉の旨味をソースに活かす

    鶏肉を焼いたフライパンで、そのままソース作り。鶏肉の旨味をこそげ取りながら炒めるのがポイント。フュージョンテック ミネラルのフライパンならステンレス製のターナーも気兼ねなく使える。

副菜 memo

ベビーリーフのサラダをプラス

付け合わせにサツマイモやイタリアンパセリを添えるので、副菜はなくてもOK。付けるならベビーリーフのサラダで、レモンと塩、オリーブ油でシンプルな味付けが◎

料理家さんが教える! 炊き込みご飯のレシピ特集
毎日の料理をより美味しく、ヘルシーに! ワタナベマキさんに習う WMF「フュージョンテック ミネラル」を使ったお料理教室 イベントレポート