FOOD & RECIPE

「カラダごはん」vol.8 コウ静子

タグ:

2018/02/08

「たらとカリフラワーのミルクリゾット」

立春を迎え、日差しに確かな春の明るさを見つけます。
日影には雪が残り、冷たい風がコートを剥ぐように体に向かいます。
厳しい寒さが続くと、体が冷えて心と体が硬く小さくなるよう。
こんな日に良く作るのは旬の素材を取り合わせた、たらとカリフラワーのミルクリゾット。
たらは体を温め、気と血を補い、疲れを癒してくれます。
カリフラワーは寒さで弱くなった胃腸の働きを高めてくれます。
たらと白子はオリーブオイルで表面を焼き付け、取り置きます。
にんにく、玉ねぎ、じゃがいもを甘味を引き出しながら炒め、米も加えて炒め合わせてカリフラワー、フレッシュタイムを加えて水を注いで煮、さらに牛乳を加えてとろりと煮ます。たらを戻してさっと煮たら出来上がり。
白子をのせ、チーズをおろしてたっぷりと。
心と体を緩めてくれるひと皿で春を待ちます。

料理研究家コウ静子

料理研究家。料理研究家である母、李映林氏のアシスタントを務めたのち独立。韓国薬膳要素を取り入れた、身体に優しい料理に定評がある。雑誌や書籍、テレビ番組などで活躍中。著書に『症状別 不調の時に食べたいごはん』(家の光社)などがある。