LIFESTYLE

TRAVEL

日帰り甲府の旅 山梨ブランドと感度の高いモノに出会う

2018/02/07

東京からは電車や車を使って2時間ほどでアクセスできる山梨県甲府市。
源泉かけ流し温泉や自然あふれる公園、フルーツ狩り、食事やお土産まで日帰りでも十分楽しめるおすすめの観光地だ。

山梨県甲府市で訪れたいスポットは?

東京からは電車や車を使って2時間ほどでアクセスできる山梨県甲府市。
源泉かけ流し温泉や自然あふれる公園、フルーツ狩り、食事やお土産まで日帰りでも十分楽しめるおすすめの観光地だ。甲府市は、周囲が奥秩父山塊や南アルプスなどに360度囲まれた街で、観光スポットと言えば、武田信玄ゆかりの史跡や武田神社、昇仙峡、舞鶴城など名所となる絶景を思い浮かべる人も多いはず。その独自のカルチャーを育む甲府ですが、実は山梨生まれのブランドや感度の高いショップが点在しているエリアでもある。
甲府市内から電車でさらに30分ほどの距離に、2017 年3 月オープンの「evam eva yamanashi」は、早くも全国から多くの人が集まるスポットになっている。「evam eva」は、実は山梨生まれのブランド。このブランドを手がける「近藤ニット」は、生糸の産地としても栄えた歴史を持つこの地で、1945 年に創業した老舗だ。自社ブランドを立ち上げた当初から夢を見ていた直営の複合ショップを、創業と同じ地でオープンするに至った。高台に位置する敷地内は昔ながらの自然を残しており、東京からわずか2時間の距離とは思えないほどの旅情感を味わえる。

甲府市内には他にも感度の高いセレクトショップ「LICAVOU」や自然素材でスキンケア製品を作る“日本一小さい化粧品会社”「Blanche」があり、また町歩きの休憩にぴったりの老舗カフェ「CafeRoche」などにも足を運びたい。車で訪れた際には、さらに足を延ばして甲府盆地を見渡せる「ほったらかし温泉」まで行ってみては? 甲府の観光施設として王道の温泉入浴は、大人から子どもまで楽しめるおすすめの旅行プランだ。

衣食住のすべてを楽しむ空間|evam eva yamanashi

シンプルで凛とした雰囲気を持つ「evam eva」。
山梨県西八代郡市川三郷町に工場を構え、企画から生産・出荷・販売までを自分たちで行うファクトリーブランド。現在は国内生産のニットは減退しているものの、こちらのニットを手に取ってみると日本製ならではの質の良さを実感できる。ショップ「色」とギャラリー「形」、レストラン「味」を兼ね備えた複合施設。衣食住のすべてを味わえるおすすめスポットだ。

高い天井をもつ一軒家ショップ「色」高い天井をもつ一軒家ショップ「色」。
フォルム、素材などすべてがナチュラルなウエアは、どの世代の女性にも受け入れられる。

ニットのケア商品も合わせて販売ニットのケア商品も合わせて販売。

食後はお茶室に移動して食後のデザートとお茶を食後はお茶室に移動して食後のデザートとお茶を。

ギャラリー「形」では、さまざまな企画展が行われるギャラリー「形」では、さまざまな企画展が行われる。

Shop data
山梨県中央市関原885
TEL:055-267-8341
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜
https://www.evameva.com/

一杯のコーヒーと過ごす大切な時間|Cafe Roche

カフェロッシュワインが有名な山梨ではあるものの、甲府にはぜひ立ち寄ってほしいカフェもある。甲府駅付近の商店街の一角に店を構える1986 年創業の老舗カフェ。
漆喰の白壁とオレンジのやわらかな灯の間接照明、そして木の温もりあふれる店内は心が落ち着く場所だ。自家焙煎したフレンチローストのコーヒー豆はネルドリップで丁寧に淹れていく。ロイヤルコペンハーゲンのカップ&ソーサ―に注がれたコーヒーは、優雅な時間の過ごし方をもらたしてくれる。

コの字型のカウンター席とゆったりと過ごせるソファ席がある奥行きのある店内コの字型のカウンター席とゆったりと過ごせるソファ席がある奥行きのある店内。
80年代の東京にはたくさん存在したカフェの様式が脈々と甲府の地で根付いている。

_トロリと溶け出る「フォンダンショコラ」新豆を深煎りにした「ロッシュ」(470円)とフォークを入れると温かなチョコレートが
トロリと溶け出る「フォンダンショコラ」(390円)

 

並ぶティーカップ

Shop data
山梨県甲府市中央1-13-9
TEL:055-237-7343
営業時間:11:00~23:00、
日曜・祝日12:00~21:00
定休日:なし

甲府盆地を一望できる温泉|ほったらかし温泉

ほったらかし温泉甲府から30 分ほど車を走らせると、そこには絶景を堪能できる温泉がある。
標高700メートルほどの山頂に作られた「ほったらかし温泉」は、その名の通り温泉と簡単な食事のみを提供する“ほったらかし”の温泉。敷地内には正面に富士山を眺めることができる「こっちの湯」と甲府盆地を一望できる「あっちの湯」のふたつがある。日帰りの旅行だって、しっかりとリフレッシュしたい人にはぜひとも立ち寄ってほしい。
開放感ある温泉で至福の時間を過ごすのにおすすめだ。

温泉の名物が「温玉揚げ」温泉の名物が「温玉揚げ」(130円)。
黄身がとろりととろける温泉卵に衣をつけてサクっと揚げたひと品は、食感が美味。

「こっちの湯」は木造りと岩造りの風情ある佇まいで常連に人気「こっちの湯」は木造りと岩造りの風情ある佇まいで常連に人気。

温泉から見える夜景

Shop data
山梨県山梨市矢坪1669-18
TEL:0553-23-1526
営業時間:4:00~22:00
定休日:なし
http://www.hottarakashi-onsen.com/

自然素材を使ったスキンケア|Blanche

Blanche「自分のお肌にトラブルが多くて、肌に優しい化粧品を販売していたのですが、本質を追求したいと自分たちで化粧品を作りはじめました」そう話すのは「ブランシェ」の小宮山広美さん。長野県で採掘された黒曜石やシルクの粉を使い、肌の常在菌を活性化する無添加の化粧品を製造・販売する。身体の内側からキレイになるスキンケア製品は、暮らしにそっと寄り添ってくれる。女性へのお土産としても人気のひと品だ。

身体の内側からキレイになるスキンケア製品

Shop data
山梨県甲府市池田2-11-51
TEL:055-254-5080
営業時間:10:30~18:00
定休日:日・月・祝日
http://www.hinaco-blanc.jp/

着心地のいい上質なウエアが揃う|LICAVOU

LICAVOU「永遠のベーシック」をコンセプトに大人の女性のための上質なウエアを取り揃える。
「ソフィードール」や「クリステンセン ドゥノルド」などオーナー夫婦がヨーロッパから買い付けるブランドは、肌触りがよく着心地抜群なものばかり。隣にはメンズウエアのショップ「Blanc Licavou+」、ライフスタイルショップ「midas」もあるので、併せて訪れたい。

メンズウエアのショップ「Blanc Licavou+」

ライフスタイルショップ「midas」Shop data
山梨県中巨摩郡昭和町飯喰461-1
TEL:055-240-7157
営業時間:11:00~ 20:00
定休日:なし
http://www.licavou.com/

 

1 週間の旅に出るなんて、とてもじゃないけど難しい。
でも、1 日だったら時間は作れるはず。少し足を延ばした「日帰り旅」なんて、どうでしょう。今回紹介したのは、四方を山々に囲まれた「甲府盆地」。電車でも車でもいい。その車窓から眺めることのできる壮大な富士山を横目に旅に出かけてみたら様々な出合があるはずです。自然の豊かさに心を開放できる場所でありながら、アクセスも良好、ふと思い立った時にふらりと日帰りで訪れることができるのも魅力のひとつ。また、ぶどうや桃などの美味しいフルーツからワインまでグルメも満載!
魅力たっぷりの山梨へ観光してみては?

他にもこちらの場所に日帰り旅をしてみてはいかがですか?

一生ものに出合う旅②|栃木県・益子編

一生ものに出合う旅③|長野県・上田編