今日の晩ごはん

豚バラと新ゴボウの蒸しもの

調理時間
25分

フライパン1つでご馳走が完成!

豚バラ肉と旬の新ゴボウを一緒に蒸せば、旨味が詰まったシャキシャキジューシーなご馳走に。深めのフライパンを使って蒸す作り方は、手軽にできる嬉しいアイデア!

材料 ( 2人分 )

  • 新ゴボウ …2本
  • 豚バラ肉 …180g
  • 酒 …小さじ1
  • 万能ネギ …適宜
  • ごま油 …適宜
  • ポン酢 …適宜

作り方

1 下ごしらえをする
ゴボウはピーラーで薄くスライスして水に漬け、さっとアク抜きをする。豚バラ肉を深みのある皿に敷き、その上にゴボウを乗せて酒を振りかける。
2 蒸す
深めのフライパンに1の皿を入れ、脇から水を注ぎ皿のふちのやや下くらいまで水を張り、強火で火にかける。沸騰してきたら中火にして蓋をし、10分程度蒸す。
3 皿を取り出す
蒸し上がったら火を止め、フライパンから皿を取り出し、一回り大きめの皿か鍋敷きの上に置く。
4 仕上げる
フライパンに油を入れ強火で煙が出るくらいまで熱し、3にまわしかける。万能ネギの小口切りを散らしてポン酢でいただく。

Point

  • 深めのフライパンで蒸す

    大きめで深さのあるフライパンに、豚肉とゴボウをのせた皿を直に入れ、脇からフライパンに水を注ぐ。水は皿のふちより少し下、沸騰した時に水が皿に入らない程度に張る。

  • 仕上げに熱々のごま油を回しかける

    ごま油をフライパンで強火で熱し、煙が出たら火を止めて熱々のごま油を皿に回しかけて仕上げる。香ばしい香りが食欲をそそる!

  • 太くて香りが良く、瑞々しい食感の新ごぼうは、このレシピの主役。1人につき1本、たっぷり使って。ピーラーで薄くした新ゴボウを豚バラ肉に巻いて食べると美味!

副菜 memo

ご飯の他にさっぱりする漬物など

副菜には、箸休めになる漬物などを添えて。また、豚バラ肉から出た旨味たっぷりの汁を、白いご飯にかけてねぎと醤油を少々垂らしておじや風にすれば、締めに最高。