今日の晩ごはん

鶏としめじの湯葉丼

調理時間
15分

トロッと優しい湯葉のどんぶり

湯葉のとろけるような上品な味わいと、鶏肉やしめじの食べごたえを同時に楽しめる。お鍋1つで作れる、疲れている時のお助けメニュー。リフレッシュ効果のある三つ葉をたっぷりのせて召し上がれ。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏もも肉 …150g
  • 酒 …大さじ1
  • 塩 …少々
  • 片栗粉 …大さじ1
  • 湯葉(乾燥) …10g
  • しめじ …1/2パック
  • 三つ葉 …適量
  • おろしショウガ …1片分
  • 昆布かつおだし …1と1/2カップ
  • 薄口醤油 …大さじ1
  • みりん …大さじ2
  • ご飯 …適量
  • ゆず胡椒 …少々

作り方

1 下ごしらえをする
鶏もも肉は一口大に切り、酒と塩で下味をつけ片栗粉をまぶす。しめじは石づきを取ってほぐしておく。
2 煮る
鍋に昆布かつおだしを入れて温め、1とショウガを入れ、薄口醤油とみりんで味付けし、鶏もも肉に火が通ったら、湯葉を加える。
3 仕上げる
丼にごはんを盛り、2をかけ三つ葉のざく切りとゆず胡椒をのせる。

Point

  • 鳥もも肉に片栗粉をまぶす

    鶏もも肉は下味を付けたあと、片栗粉をまぶしてから煮ることで膜ができ口当たりが上品に。このひと手間で湯葉とのバランスが良く仕上がる。

  • 仕上げにゆず胡椒をのせるのが鳥海さん流。「優しい味わいの和風のどんぶりですが、ゆず胡椒を少し加えるだけでピリっと味が引き締まります」。

副菜 memo

赤ダシの汁物がぴったり

丼ものには欠かせない汁物を一緒に。優しく上品などんぶりに赤ダシのしっかりした風味を合わせると、互いの味を引き立て合う。旬の菜の花を添えて見た目にも美しい上品な晩ごはんに。