今日の晩ごはん

鶏むね肉のカリカリ焼き

調理時間
20分

焼き色をしっかりつけて香ばしく

ぱさつきがちな鶏むね肉を、外はパリっと中はしっとりと焼き上げて、おかずの主役に。仕上げに1つまみの塩を振ると、素材の味が引き立ちます。

材料 ( 4人分 )

  • 鶏むね肉 …1枚
<A>
  • ナンプラー、酒 …各大さじ1
  • ブロッコリー …1株
  • パプリカ(赤、黄) …各1/2個
<B>
  • 片栗粉 …大さじ2
  • 塩、こしょう …各少々
  • オリーブ油 …大さじ1~2
  • 塩 …1~2つまみ

作り方

1 肉に下味をつける
鶏肉は、1.5cm幅に切ったものをさらに繊維を断つように1.5cm幅に切る。ポリ袋に<A>と一緒に入れ、味がよくなじむよう袋の上からもみ、冷蔵庫で10分おく。
2 野菜の下ごしらえをする
ブロッコリーは小房に分け、茎は皮をむいて5mm厚さに切り、塩ゆでする。パプリカは7~10mm幅の細切りにする。
3 粉をまぶす
<B>を混ぜ、ボウルかバットなどに広げ、鶏むね肉に粉をまぶす。
4 焼く
フライパンに油を中弱火で熱し、3を重ならないように並べて焼く。すぐに裏返さず、じっくり2~3分、鶏肉を動かさずに焼いてこんがり焼き色がついたら裏返して、さらに2分ほど焼いて両面に焼き色をつける。
5 仕上げる
4に、ブロッコリーとパプリカを加えて、鶏肉とざっくり混ぜ合わせ、塩を振って仕上げる。鶏がカリカリのうちに、火からおろして皿に盛る。

Point

  • 鶏肉は繊維を断つように切る

    鶏肉は1.5cm幅に切ったものをさらに写真のように、繊維に対して直角に切る。軟らかく焼き上がり、下味のなじみも良くなる。

  • 鶏肉は上下に重ならないように、フライパンに敷き詰めるようにして並べて焼く。カリっと軽やかに焼き上がるので、ボリュームはほしいけれど揚げものは少し重いという時に重宝する。

副菜 memo

フレッシュな野菜を添える

香ばしく焼いた肉には、くし形に切ったトマトをオリーブ油と塩で和えたマリネを添えて。イタリアンパセリや、バジル、ディルなどのハーブをふんだんに合わせて、爽やかな香りが心地良い一品に。