今日の晩ごはん

柚子こしょうの麻婆豆腐

調理時間
20分(米の炊飯時間除く)

手作りならではのアレンジを楽しんで

豆板醤の替わりに柚子こしょうを使って、いつもの味より一段格上げして。柚子のさわやかな香りが漂う麻婆豆腐は新鮮でクセになりそう。ご飯がどんどん進む味わい!

材料 ( 2人分 )

  • 木綿豆腐 …1丁(300~350g)
  • 長ねぎ …1/2本
  • ショウガ …1片
  • 植物油 …小さじ1
  • 豚挽肉 …100g
  • 柚子こしょう …小さじ1/2~1(なければ豆板醤でも)
  • 豆鼓醤 …小さじ2
<A>
  • 鶏ガラスープ …200ml
  • 酒 …大さじ3
  • 砂糖 …小さじ2
  • 醤油 …大さじ1
  • 片栗粉 …大さじ1
  • 酢 …小さじ1
  • ごま油 …少々
  • ご飯 …適量

作り方

1 下ごしらえ
木綿豆腐は一口大に切る。小鍋にたっぷりの水を入れ、豆腐をゆでる。沸騰してから2~3分たったらざるにあげ、水気をきる。ねぎとショウガはみじん切りにしておく。
2 挽肉を炒める
フライパンを中火で熱し温まったら植物油をひき、豚肉をパラパラになるまで炒める。※肉が少し縮んで透明な脂がでてくるまで炒める。
3 具材を煮る
2に柚子こしょうと豆鼓醤を加えて香りが立つまで炒め、1のねぎとショウガを加えて全体を混ぜ合わせながらさっと炒める。Aを加えて混ぜ合わせふつふつとなってきたら1の豆腐を加えて弱火で2~3分煮る。
4 仕上げる
水大さじ3で溶いた片栗粉を混ぜて加え、30秒ほど煮たら、酢を加えて火を止める。最後にごま油を香りづけでまわしかける。器に炊いておいたご飯を盛り、その上にかけていただく。

Point

  • 豆腐を下ゆでする

    豆腐は調理する前に下ゆでしておくと、豆腐の中の水分がぬけて味が染みこみやすくなる。

  • 仕上げに酢をプラス

    水溶き片栗粉を加えてとろみがでてきた仕上げのタイミングで、酢を加える。最初に入れてしまうと酢の味が感じられなくなってしまう。

  • 豆板醤の替わりに、柚子こしょうで作るといつもとは違った和風テイストに。柚子の香りと、豆鼓醤のコクが合わさって口いっぱいに深みのある味が広がります。

副菜 memo

優しい味のスープでより食べやすく

ピリ辛の麻婆豆腐には、中華では定番の卵スープを添えて。辛いものの後に優しい味のスープを飲むと、辛さの中にある美味しさがはっきりと感じられる。