今日の晩ごはん

サツマイモのおつまみコロッケ

調理時間
40分

ナンプラー×鶏肉の組み合わせが絶妙!

「海のものと山のものを合わせると美味しくなる」という稲葉さんの考えから生まれた一口サイズのコロッケ。サツマイモの甘さをあえて抑えて大人の味に。

材料 ( 作りやすい分量 )

  • 鶏挽肉 …150g
  • サツマイモ …中2本/約300g
  • ニンニク …2片
  • みりん …大さじ2
  • ナンプラー …大さじ1
  • 太白ごま油 …大さじ1
  • 塩 …少々
  • 小麦粉、水、パン粉、揚げ油 …各適量

作り方

1 下ごしらえ
サツマイモは皮ごと2㎝厚さの斜め切りにする。ニンニクは芽を除いてつぶしておく。
2 サツマイモを蒸し煮にする
フライパンに油と1のニンニクを入れて火にかけ、香りが立ったらサツマイモを入れて炒め、油が回ったら鶏肉を加える。ほぐしながら混ぜ、色が変わったらみりんを回しかける。みりんが沸いたら、水1/2カップ(分量外)、ナンプラーを加えて蓋をし、7,8分蒸し煮にする。
3 煮飛ばして冷ます
サツマイモが軟らかくなったら、ヘラで軽くつぶしながら強火で汁気を飛ばし、バットなどにあけて冷ます。
4 成形する
サツマイモをマッシャーやすりこぎなどで、かたまりがなくなるまでしっかりつぶす。手に取ってギュッと握り、一口大に丸める。
5 揚げる
適量の水でとろりと溶いた小麦粉、パン粉の順につけ、170℃の揚げ油で、表面が薄く色付くまで揚げる。

Point

  • 衣は卵を使わずにサクっと仕上げる

    水で溶いた小麦粉をまんべんなくつけてパン粉をまぶして揚げる。卵を使わない衣は軽い仕上がりに。

  • ダシ代わりに、ナンプラーを使うのが稲葉さん流。濃厚な魚介類の旨味が味に深みをもたらす。みりんはまろやかな甘みが特徴の三河の本みりんがお気に入り。

副菜 memo

ダシ代わりに、ナンプラーを使うのが稲葉さん流。濃厚な魚介類の旨味が味に深みをもたらす。みりんはまろやかな甘みが特徴の三河の本みりんがお気に入り。

揚げ物には酢の物が好相性