今日の晩ごはん

長芋と鶏肉の薬膳スープと 松の実ショウガご飯

調理時間
40分

疲れた日にぴったりの身体に染み入るスープ

クコの実や松の実などの漢方にも使われる食材を使うと、普段の料理も薬膳料理に。煮込むほど味が変化してく長芋は、ほろほろと煮崩れさせても美味しい。

材料 ( 2人分 )

  • 長芋 …300g
  • 鶏手羽先肉 …6本
  • ショウガ …1片
  • クコの実 …大さじ1
  • 塩 …適量
  • 水 …1ℓ
<松の実ショウガご飯>(作りやすい分量)
  • 米 …2合
  • ショウガ …1片
  • 松の実 …大さじ2
  • 塩 …小さじ1/3

作り方

1 米を炊く
米は研ぐ。炊飯器の内釜に米を入れ、目盛りまで水を入れる。皮をむいて千切りにしたショウガ、松の実、塩を加えて炊く。
2 下ごしらえをする
長芋は皮をむき大きめに切る。手羽先は関節に包丁を入れて半分に切る。ショウガは皮付きのまま薄切りにする。
3 食材を加熱する
鍋に2、クコの実と水を入れて蓋をし、火にかける。
4 仕上げる
沸騰したら弱火にし、水が少なくなってきたら足しながら30分程度、鶏肉が軟らかくなるまで煮込む。最後に塩で味を調えて皿に盛り付ける。炊き上がった1を器に盛る。

Point

  • 鶏肉を半分に切る

    手羽先は、半分に切っておいてから入れると箸でも食べやすくなり、また味も染み込みやすい。

  • クコの実と松の実など滋養強壮効果のあるとされる食材をふんだんに使い、身体に優しい味に。クコの実は目の疲れを緩和すると言われており、デスクワークが多い人にもおすすめ。

副菜 memo

青菜で栄養面も見た目もバランス良く

ご飯とスープの組み合わせには青菜のお浸しを添えれば、栄養はもちろん見た目のアクセントにもなり、完璧のバランスに。ほうれん草には胃腸を浄化してくれる効能も。