今日の晩ごはん

魚貝のトマトカレー

調理時間
30分

ひと皿に食材の旨味がぎゅっと凝縮

トマトの旨味と爽やかな酸味がダシ代わり。魚貝や野菜をふんだんに使ったカレーは、さっと煮込むだけなのにコク深い味わい。短時間で作れる手軽な本格カレー。

材料 ( 2人分 )

  • タコ …100g
  • イカ …100g
  • エビ …100g
  • アサリ …10個
  • 玉ねぎ …1個
  • ニンジン …1/2個
  • セロリ …1本
  • ニンニク …1片
  • トマト …1個
  • 白ワイン …1/2カップ
  • タイム …1本(あれば)
  • オリーブ油 …大さじ4
  • カレー粉 …大さじ3
  • トマトジュース …1カップ
  • 塩 …小さじ1
  • ママレード …大さじ1
  • 雑穀ご飯(または白米ご飯) …適量

作り方

1 食材を切る
玉ねぎ、ニンジン、セロリ、ニンニクはみじん切りにする(フードプロセッサーを使うと便利)。トマトはぶつ切りにする。タコ、イカ、エビは食べやすい大きさに切る。
2 野菜を蒸し焼きにする
半量の油を熱した鍋で玉ねぎ、ニンジン、セロリ、ニンニクを軽く炒める。弱火にして蓋をし、5分ほど蒸し焼きにする。
3 魚貝に火を入れる
フライパンに残りの油を入れて火にかけ、タコ、イカ、エビ、アサリを入れて白ワインを注ぐ。タイムも入れて蓋をし、アサリの殻が開いたらざるにあげておく。汁は取り分けて残しておく。
4 野菜を煮込む
2の蓋を開け、中火にしてカレー粉を加えて炒める。ペースト状になったらトマトジュース、トマト、塩、ママレード、3の汁を加えて10分程くつくつ煮込む。
5 仕上げる
3の魚貝を4の鍋に加えて味を調える。皿に雑穀ご飯を盛り、カレーをかける。

Point

  • ピューレ状になるまで蒸す

    野菜は蒸すことで甘みが増すので必ず蒸し焼きにする。蒸し加減は、ヘラで潰すとピューレ状になるくらいが目安。

  • カレーに甘みを加えると味に深みが出るので、必ず甘みのある食材を入れる。マンゴーやチャツネを使うことが多いが、魚貝カレーにはママレードが好相性。煮込む際に隠し味程度に加えて。

副菜 memo

キャロットラペで箸休め

スパイシーでコク深いシーフードカレーには、フレッシュな生野菜を合わせたい。シャキシャキとした食感のキャロットラペなら、酸味の利いたさっぱりとした口当たりで箸休めにも最適。