今日の晩ごはん

里芋とさきいかの土鍋炊き込みご飯

調理時間
40分

素材の旨味を引き出す土鍋ご飯

乾物の旨味を生かした炊き込みご飯は、ダシが入ってないのに驚きの美味しさ。軽く振った黒こしょうとも相性抜群。土鍋で炊いたご飯は、おかわりが止まりません。

材料 ( 4人分 )

  • 米 …3合
  • 干しシイタケ …10g
  • さきいか …20g
  • 里芋 …200g
  • ショウガ …15g
  • 水 …390ml
  • 塩 …小さじ11/2
  • 黒こしょう …少々
  • 三つ葉 …少々
<A>
  • 醤油 …30cc
  • 酒 …75cc
  • みりん …45cc

作り方

1 米を洗う
米は洗って水に浸しておく。
2 下ごしらえ
里芋はタワシでよく洗い、皮付きのまま食べやすい大きさに切る。ショウガは千切り、さきいかは5mm幅に切る。
3 米を炊く
土鍋に米と水と<A>を入れ、ショウガ、里芋、さきいか、手でちぎった干しシイタケ、塩を加える。最初は強火で蒸気が上がってきたら弱火にして15分炊き、10分ほど蒸らす。
4 盛り付ける
茶碗に盛り付け、三つ葉を散らし、黒こしょうを振る。

Point

  • 里芋はタワシでしっかり洗う

    里芋は皮をむかずにそのまま使うため、タワシを使ってしっかりと洗う。皮付きのままの方が、栄養価が高い。

  • 乾物は戻さずにそのまま

    干しシイタケとさきいかは戻さずに、そのまま入れて炊く。戻さないから炊き込みごはんでも手軽にできる。

  • 干しシイタケとさきいかを入れる。乾物はダシの役目になるため、ダシを取らなくても炊き込みご版が作れる優れもの。干しシイタケは戻さずに一緒に炊き込むだけでOK。

副菜 memo

炒めものをレモンと一緒に

副菜には、ごま油とマスタードシードで炒めたまいたけとピーマンの炒めものを。炊き込みご飯がしっかりとした味わいなので、味付けは塩とレモンでシンプルに。レモンの酸味でさっぱりと食べられる。