今日の晩ごはん

サンマの変わり春巻き

調理時間
30分

サンマをふんだんに使った今だけのごちそう

京都で出合ったサンマとみぶ菜の組み合わせを春巻きで包んで家庭の味にアレンジ。味付けは塩のみ。今しか味わえない旬の食材をダイレクトに味わえます。

材料 ( 2人分 )

  • サンマ …2尾
  • みぶ菜(京菜)の漬物 …40g
  • 長ねぎ …10㎝
  • 春巻きの皮 …4枚
  • 塩 …適量
  • 小麦粉、水 …各小さじ1
  • 揚げ油 …適量
  • すだち …1個

作り方

1 下ごしらえをする
長ねぎは長さを半分に切り、芯を取って千切りにする。サンマは包丁でウロコをとり、頭を切り落としたら腹を開いて肝を取り出す。身を流水で洗い、3枚におろして腹骨を取り除き、長さを半分に切る。塩を振り、みぶ菜は水気を絞る。
2 皮で巻く
春巻きの皮にサンマをひと切れ置き、その上に壬生菜を適量のせ、その上にサンマを重ねてみぶ菜をはさむ。長ねぎと一緒に巻き、巻き終わりを水溶き小麦粉で留める。残りも同様にして巻く。
3 揚げる
揚げ油を170度に熱し、こんがりきつね色に揚げる。
器に盛り、半分に切ったすだちを添える。

Point

  • サンマとみぶ菜を一緒に巻く

    京都での修業時代に教えてもらったというサンマとみぶ菜の組み合わせ。シャキシャキ食感と絶妙な塩気が合わさり、新鮮な味わいに。みぶ菜のかわりに高菜の漬物を使っても。

  • さんまでサンドしてから巻く

    下処理して半分に切ったサンマの上にみぶ菜をのせる。その上にサンマを重ねてサンドしてから巻く。ぎっしりとした食べごたえのある春巻きに。

副菜 memo

具だくさんスープを

シンプルな主菜には、きのこやニンジンを入れた鶏ガラベースの卵とじスープがおすすめ。ビールやハイボール、日本酒などさまざまなお酒とも合うのでおつまみとしても。