今日の晩ごはん

鶏とカブのココナッツカレー

調理時間
30分

まろやかなココナッツミルクが味の決め手

ココナッツミルクの風味と鶏肉の旨味が好相性。使うスパイスはカレー粉とクミンだけでも本格的な味に仕上がります。旬のカブは葉もあますことなく活用を。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏モモ肉 …1/2枚(約150〜200g)
  • カブ …大1個
  • 玉ねぎ …1/2個
  • ショウガ …1/4片(みじん切り)
A
  • カレー粉 …大さじ1と 1/2
  • クミンパウダー …小さじ2
  • ココナッツミルク …300ml
  • オリーブ油 …大さじ1
  • ご飯 …茶碗2杯分

作り方

1 下ごしらえをする
鶏肉はひと口大に切る。カブは4等分のくし形切りにし、葉の部分は塩少々(分量外)をまぶし、しんなりさせる。水気を絞り、小口切りにしておく。玉ねぎは8等分のくし形切りにする。
2 炒める
フライパンにオリーブ油を強火で熱し、カブを両面に焼き色がつくまでこんがりと焼いて一度取り出す。同じフライパンにオリーブ油大さじ1/2(分量外)、ショウガを入れて熱し、香りが立ってきたら鶏肉、玉ねぎを加えて炒め、Aを加え炒め混ぜる。
3 仕上げる
2にココナッツミルク、カブを加えて全体が温まったら出来上がり。器にご飯と盛り合わせ、カブの葉をかけていただく。

Point

  • カブを戻し入れる

    カブは強火でこんがりと焼き色を付けたら一度取り出し、仕上げに戻し入れる。カブの香ばしさと旨味がぎゅっと凝縮するうえ、煮込み時間を減らすことで煮くずれを防げる。

副菜 memo

ほろ苦い野菜のサラダを

ココナッツミルクの甘みを活かしたまろやかなカレーには、苦味のある春菊などを使ったサラダを添えて。仕上げにナッツを和えて、食感をプラスしても。

壱岐ゆかりさんのフラワーアート講座「フラワータペスリーをつくる」応募受付中! kurashiのマナビ舎vol.03 がま口ポーチ講座 アンケートに答えると特別価格で参加のチャンス!尾田衣子さんの料理教室~GLOBALとGLOBAL-ISTを切り比べられます!~ カレーもおこわもワイン煮も!甘さを活かしたサツマイモレシピ