今日の晩ごはん

白菜のそぼろ煮

調理時間
30分

旨味を含んだ白菜がごちそう

ショウガが香る鶏そぼろと白菜をコトコト煮込めばでき上がり。くったり量が減るので白菜がたくさん食べられる。本みりんのコクでご飯が進むので、丼にしても美味しい。

材料 ( 2〜4人分 )

  • 白菜 …4/1個
  • 鶏挽肉 …150g
<A>
  • ショウガ (みじん切り) …1片分
  • タカラ「料理のための清酒」 …小さじ1
  • タカラ本みりん …小さじ1
  • 醤油 …小さじ2
  • ダシ …1カップ
  • 醤油 …小さじ1
  • タカラ本みりん …小さじ1
  • 片栗粉 …大さじ1/2
  • 水 …大さじ1
  • 生姜 (千切り) …適量

作り方

1 鶏そぼろを作る
小鍋に鶏挽肉と<A>を入れ、木べらでよく混ぜる。調味料がなじんだら鍋を火にかけ、絶えず混ぜながら汁気がなくなるまで炒める。
2 白菜を入れて煮込む
大きめの鍋に4~5㎝長さに切った白菜と1のそぼろ、ダシ、醤油、みりんを入れ蓋をして炊く。途中で一度蓋をあけて上下を入れ替えるように混ぜて合計10分程度煮込む。水で溶いた片栗粉を加え、とろみをつける。
3 仕上げる
<2>を器に盛り、上にショウガの千切りをのせる。

Point

  • 本みりんで奥深い味に

    自然な甘みと旨味がある本みりんを入れて煮ることでまろやかなコクのある味に仕上がり、ご飯が進むおかずになる

  • 鶏そぼろは酒や本みりんを混ぜてから炒めると、肉の臭みが消えて、ふっくらと仕上がる。卵焼きや煮物に入れたり、そぼろご飯にしたりと重宝するので、一度にたくさん作っておくと便利。

副菜 memo

シャキシャキとした副菜を添えて

くったりと軟らかい煮物には、シャキシャキと歯応えのいい副菜を合わせるとバランスがいい。小松菜のおひたしや、紅大根の梅酢漬けなど、さっぱり食べられるものを添えて。