今日の晩ごはん

五目野菜の巾着煮

調理時間
15分

巾着の中の餅がいろいろな具に絡む

油揚げで作った巾着の中には、細かく切った餅と野菜、そして卵がごろん。いろいろな具に絡みついた餅が味わい深い。季節の青菜を添えると彩りも美しい。

材料 ( 2人分 )

  • ニンジン …10g
  • しいたけ …1枚
  • レンコン …10g
  • 卵 …4個
  • 餅 …1/2個
  • 油揚げ …2枚
<A>
  • 鰹昆布ダシ …2カップ
  • 醤油 …大さじ1と1/2
  • みりん …大さじ1と1/2
  • きび砂糖 …大さじ1
  • 青菜 …適宜

作り方

1 野菜と餅を切る
ニンジン、しいたけ,レンコンは千切りにする。餅は5mm角に切る。
2 油揚げの準備
油揚げは半分に切り、手で中を開き、熱湯を両面にふりかけ油抜きをし、両手で押さえて水気を切る。※油揚げが開きにくい場合は、めん棒を転がしてみると開きやすくなる。
3 油揚げに具を入れる
卵を卵黄と卵白を分け、油揚げに<1>の野菜を1/4量ずつ入れ、卵黄をそっと入れて、卵白を少しずつ加える(全部入れるとあふれる場合もあるので量を調節する)。爪楊枝でしっかり止める。
4 油揚げを煮る
鍋に<A>を入れて中火にかけ、沸騰したら<3>を並べ入れ、落としぶたをして弱火で6〜7分煮る。火を止めて少しおいて味を染みさせる。
5 盛り付ける
器に盛る。ゆでた青菜を添えても良い。

Point

  • 卵を上手に巾着に入れるには

    卵を巾着に入れる時は、黄身と白身に分けて、まず黄身から入れる。その後、量を加減しながら白身を入れる。

  • 広沢さんが、この巾着煮に欠かせないという具材が餅。「小さく切った餅が、巾着の中で野菜に絡みつくのが美味しいんです」。噛むごとに、いろいろな味わいが口の中に広がる。

副菜 memo

ほうれん草と豚肉の味噌汁

栄養バランスを考え、副菜にはお肉をプラス。細かく切った長ねぎ、豚バラ肉の薄切りをごま油でさっと炒め、水を加えて沸騰したら4cmに切ったほうれん草を加え、味噌を入れる。好みですりごまをかけても。