今日の晩ごはん

軟らかチキンと長芋のジンジャーソテー

調理時間
30分

タレに加えたパクチーがポイント

軟らかな鶏肉と、さっくり、ねっとりした長芋の食感が楽しいメニュー。本来は淡白な味の鶏肉と長芋に、ショウガやパクチーの香りがぴったり。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏むね肉 …1枚(約250g)
  • 長芋 …200g
  • パクチー …5本
  • 塩 …少々
  • 酒 …少々
  • 片栗粉 …大さじ1
  • 菜種油 …大さじ1
<合わせダレ>
  • ショウガ(すりおろし) …小さじ1/2
  • ナンプラー …小さじ2
  • 醤油 …小さじ1
  • きび砂糖 …小さじ2
  • 酒 …小さじ1

作り方

1 下ごしらえ
鶏肉は余分な脂を取り除いて、肉の繊維を断ち切るように1センチ幅にそぎ切りにし、塩、酒を振って下味をつける。長芋は皮をむいて1センチ幅の輪切りにする。パクチーは茎の部分を細かく刻み、葉の部分は盛りつけ用にとっておく。
2 合わせダレを作る
<合わせダレ>と1のパクチーの茎の部分をよく混ぜ合わせる。
3 鶏肉と長芋を焼く
フライパンに油の半量を入れて温め、長芋を両面焼き、塩少々(分量外)を振って取り出しておく。同じフライパンに残りの油を入れて温め、1の鶏肉に片栗粉をまぶしてこんがりと両面を焼き、長芋を戻し入れる。
4 タレを煮絡める
3に合わせダレを加えて煮絡める。
5 盛り付ける
4を皿に盛り付けてパクチーを散らす。

Point

  • 肉の繊維を断ち切る

    鶏肉は、繊維を断ち切るように切ると、焼いた時に、ほろほろとした柔らかい食感に仕上がる。

  • 片栗粉で旨味を閉じ込める

    鶏肉に片栗粉をまぶして焼くことで、旨味が逃げない。肉がパサつくのを防ぐこともできる。

  • 合わせダレにパクチーの茎を加えることで、さらにさっぱりとした風味がアップする。よりアジアンテイストらしい味つけを楽しむことができる。

副菜 memo

食感のあるピクルスと

さっぱりした酸味のある、ピクルスなどを合わせると、さらに箸が進む。マリネのように薄切りにするより、ニンジンやキュウリなどを大きめに切り、ゴロゴロとした食感をメインと一緒に楽しむのがおすすめ。