今日の晩ごはん

鶏肉とうずらの卵の大葉味噌焼き

調理時間
30分

食欲そそる彩り豊かな一皿

ゴロゴロ食感の野菜と肉で、口の中が楽しくなる。カラフルで食卓を華やかにしてくれるので、串に刺してピンチョス風にし、お弁当のおかずやおつまみにしても良い。

材料 ( 2〜3人分 )

  • 鶏むね肉 …300g
  • うずらの卵 …10個位
  • 玉ねぎ(みじん切り) …50g
  • ショウガ(すりおろし) …小さじ2
  • 味噌 …大さじ1と1/2
  • 大葉(バジルでも可) …10枚ほど
  • 梅酒(日本酒またはみりんでも可) …大さじ1
  • 塩 …少々
  • ししとう …7~8本(好みで加減しても可)
  • パプリカ(赤、黄、オレンジ) …各1~2個(好みで加減しても可)

作り方

1 野菜を切る
大葉をみじん切りにし、パプリカとししとうは種を出す。パプリカは一口大に切る。
2 味つけをする
ボウルに味噌、梅酒、玉ねぎ、1の大葉、ショウガを入れて混ぜ合わせる。この中に、食べやすい大きさに切り、塩を振りかけた鶏肉と、ゆでて殻をむいたうずらの卵を入れ、味噌がよく絡むように混ぜ、10分ぐらいおく(しっかりした味が好みで、時間があれば1日おいても良い)。
3 材料を焼く
耐熱の器に2を入れ、200℃のオーブンで15分焼く。その後、ししとうとパプリカを加え、180℃で7~8分焼き、器に盛り付ける。

Point

  • 味つけは、ラップで押さえまんべんなく

    具材と調味料を混ぜたら、表面をラップでふんわり押さえ、まんべんなく味がまわるようにする。

  • 具材を味つけする時は、日本酒やみりんを使ってもいいが、梅酒だとよりコクが増す。梅酒は自家製でも市販品でもよく、ベースも焼酎やブランデーなど、好みのものを使えばOK。

副菜 memo

生野菜やフルーツでバランスを取る

メインが比較的しっかりした味つけで、具だくさんでゴロゴロした食感が楽しめるので、さっぱりとした副菜でまとめて。生野菜のサラダやフルーツサラダなど、味も歯ざわりもあっさりしたものがおすすめ。