今日の晩ごはん

バルサ味噌の鶏照り焼き

調理時間
20分

バルサミコ酢+味噌がクセになる

ビネガー好きの新田さんの定番の調味料、“バルサ味噌”は、独特の酸味とコクがあり、肉料理との相性抜群! 皮目からじっくり焼いた鶏肉によく絡めて。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏もも肉 …2枚
  • ズッキーニ …1/2本
  • カボチャ …120g
  • オリーブ油 …大さじ1
<A>
  • バルサミコ …大さじ1と1/2
  • 味噌 …大さじ1と1/2
  • みりん …小さじ2

作り方

1 野菜を切る
カボチャは薄切りに、ズッキーニは縦半分に切って2等分にする。
2 鶏肉を焼く
フライパンに油を入れ、鶏もも肉をのせ、弱火で皮目からじっくり焼く。途中で1の野菜もフライパンに入れ、一緒に焼く
3 仕上げる
<A>を合わせてバルサ味噌を作り、2に入れ絡める。

Point

  • 鶏肉は皮目から焼く

    皮をこんがりと香ばしく仕上げるために、鶏肉は皮目から、時々ぎゅっと押しつけながら、じっくりと焼く。

  • バルサミコ酢、味噌、みりんを合わせた、新田さんオリジナルの調味料がバルサ味噌。鶏肉はもちろん、豚肉、牛肉など、どんな肉料理にも合う。肉に塗ってオーブンで焼いても美味。

副菜 memo

野菜を取り入れバランス良く

肉料理なので、野菜を副菜に。常備菜の塩昆布を、アボカドとモッツァレラチーズと和えたり、白菜とラー油を和えたりして、さっぱりした一品を。スプラウトに塩昆布を加えたサラダも新田さんがよく作る料理。