今日の晩ごはん

ジャガイモとホタテのグラタン

調理時間
30分

ホワイトソースいらずで気軽に作れる

ゴロッと大きなジャガイモがポイントのグラタンは、ホワイトソースを作らずにとろけるチーズで仕上げる簡単メニュー。ホクホク美味しいジャガイモと、ホタテの旨味、コクのあるチーズの美味しさはぜひアツアツのうちに。

材料 ( 2人分 )

  • ジャガイモ(男爵) …大2個(約400g)
  • ホタテ貝柱(缶詰) …1缶(約135g)
  • ニンニク(みじん切り) …1片
  • 粗挽き黒こしょう …適量
  • あら塩 …小さじ1/2
  • 生クリーム …150cc
  • 牛乳 …100cc
  • とろけるチーズ …50g
  • パン粉 …大さじ3

作り方

1 下ごしらえ
ジャガイモは皮を剥いて5mm厚に切り、水にさらさずに鍋に入れる。みじん切りにしたニンニク、粗挽き黒こしょう、あら塩を加え、10分ほどおく。
2 ジャガイモを煮る
鍋にホタテ貝柱の缶詰(汁ごと)と、生クリーム、牛乳を加え、中火でジャガイモに火が通るまで、ことこと煮る。
3 オーブンで焼く
内側にバター(分量外)を塗ったグラタン皿に2を移し、とろけるチーズとパン粉を散らす。250℃に余熱したオーブンで約10分、焦げ目がつくまで焼いたら出来上がり。(トースターでも可能)

Point

  • 切ったジャガイモは水にさらさずに10分置く

    ジャガイモからとろみのもとになる水分が出てくる。ジャガイモを切った後に水でさらしてしまうと、デンプンが流れてしまって、このとろみがなくなるので注意。

  • ジャガイモを崩さないようグラタン皿に移す

    煮たジャガイモは崩れやすくなっているので、大きめのスプーンなどを使うと、上手にグラタン皿に移すことができる。

  • ホワイトソースを作らずに、手軽に作る村山家のグラタンではとろけるチーズが大活躍。スイスのグリエールを使うと、コクが出てワインにぴったり。市販のとろけるチーズを使う場合は、色々なチーズをミックスしているタイプがおすすめ。

副菜 memo

フレッシュな野菜の色味で食卓を賑やかに

じっくり焼いたグラタンにはフレッシュな野菜が相性抜群。フライパンにオリーブ油を熱し、ベーコンを炒め、粒マスタード、白ワインビネガーを加えて作るオリジナルのホットドレッシングがおすすめ。手でちぎったクレソンの上にかけていただくと格別!