今日の晩ごはん

鶏肉と春菊のソテー

調理時間
20分

春菊とバルサミコ酢による、絶妙な取り合わせの一皿

炒めた春菊の独特の香りとバルサミコ酢のコクと酸味が絶妙な取り合わせ。フライパンひとつで手軽に作れる一皿。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏もも肉 …250g
  • 塩、こしょう …各適量
  • 春菊 …1/2把
  • バルサミコ酢 …大さじ1
  • オリーブ油 …小さじ2

作り方

1 鶏肉と春菊を下ごしらえする
鶏肉は一口大に切り、塩、こしょうを振る。春菊は1cm幅に切る。
2 鶏肉を皮目から焼く
フライパンに油をひいて中火にかけ、鶏肉を皮目から焼く。しっかり焼き色がついたら裏返し、蓋をして弱火にして5分焼く。
3 春菊を加え、バルサミコ酢で味つけする
2を強火にして春菊を加え、軽く炒める。バルサミコ酢を鍋肌から加えて全体に絡める。塩少々(分量外)で味を調える。

Point

  • 鶏肉は皮目から焼く

    鶏肉は皮目から焼くことで、皮がパリッと肉はジューシーに仕上がる。肉の形も崩れにくくなり、皮もはがれにくくなる。

  • 生の春菊でサラダにアレンジ。ソテーしてバルサミコ酢の味がついた鶏肉を少し取りおき、生の春菊の上にのせ、オリーブ油と黒こしょうをかけてサラダにアレンジする。

副菜 memo

黒パンをセレクト

美味しい黒パンを合わせる。ドイツ系のパンなど、酸味のあるパンはバルサミコ酢によく合うので、とくにおすすめ。もちろん、サンドイッチなどにしても美味しい。