今日の晩ごはん

牛タタキとクレソンのサラダ

調理時間
30分

人が集まる日にぴったりの贅沢サラダ

おつまみにも、ごはんのおかずにもなる一品。肉汁を使ってタレに旨味を移すのが美味しさの秘訣。クレソンの心地いい苦みのおかげでお肉がさっぱりといただけます。

材料 ( 2人分 )

  • 牛モモブロック …250~300g
  • クレソン …1~2束
  • 塩 …小さじ1/2
  • 粗挽き黒こしょう …小さじ1/4
<A>
  • 薄口醤油 …小さじ1
  • 粒マスタード …小さじ1
  • みりん …大さじ1
  • サラダ油 …大さじ1
  • 酒 …1/4カップ

作り方

1 下ごしらえをする
牛肉は、塩、粗挽き黒こしょうを全体にすりこむ。クレソンは、葉を摘み、茎は3cmの長さに切る。<A>を混ぜ合わせておく。
2 肉を焼く
フライパンにサラダ油を強火で熱し、牛肉の表面を返しながら3分ほど焼く。酒を加え、蓋をして弱火にし、3分焼く。上下を返し、再び蓋をして3分焼く。アルミホイルに包んで、10分以上置く。
3 タレを作る
肉を焼いたフライパンに、<A>、2のアルミホイルに出た肉汁を加えて一煮立ちさせ、タレをつくる。
4 仕上げる
2の肉を食べやすいように薄切りにし、クレソンとさっと和え、3のタレを回しかける。

Point

  • 焼いた肉をアルミホイルに包む

    肉はアルミホイルに包んで余熱で火を通す。肉汁をタレに活用するので、必ずしっかりと包んで。しっとりと仕上がり、切ったときに肉汁が流れ出にくくなる。

  • 香りとクセの強い野菜を合わせる。今回使ったルッコラの他、春菊や香菜などもおすすめ。葉野菜は熱が入るとかさが減るので「多いかな?」と感じるくらい豪快に入れるとバランスがよい。

副菜 memo

シンプル味のスープを

肉と野菜がバランスよく摂れる主菜には、汁ものを合わせるだけで満足度の高い献立に。カブなどの根菜を使ったスープを添えて。主菜に使ったクレソンの香りを消さないようにシンプルな味にするとより◎。