今日の晩ごはん

蒸し鶏のサルサソース

調理時間
25分

サルサソースを薬味がわりたっぷりと

トマトと青唐辛子で作るサルサソースが鮮やかなひと品。汁につけたまま丁寧に粗熱をとった鶏肉はさっぱりとしながらもぷるっとジューシー。ソースはたっぷりとかけて召し上がれ。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏むね肉 …1枚(約320g)
  • 白ワイン …大さじ2
<サルサソース>
  • トマト …1個
  • 玉ねぎ …小1/4個
  • ニンニク(すりおろし) …少々
  • 青唐辛子 …2本
  • 香菜 …1本
  • オレガノ(ドライ) …少々
  • オリーブ油 …大さじ2
  • 酢 …大さじ2
  • 塩、こしょう …各適量

作り方

1 下ごしらえをする
鶏肉は室温に戻し、塩(分量外)を両面にすりこむ。
2 鶏肉を蒸す
フライパンに皮目を下にして鶏肉を入れる。白ワインを加えて沸騰したら蓋をして弱火にし、5分蒸す。素早く裏返し、さらに3分蒸す。3分経ったら火をとめてそのまま8分蒸す。
3 サルサソースを作る
トマトと玉ねぎは小さな角切りに、青唐辛子と香菜はみじん切りにして他の材料と混ぜ合わす。
4 仕上げる
2を食べやすい大きさに切り、3をかける。

Point

  • 鶏は汁につけたまま冷ます

    鶏は蒸したあと火からおろして蓋をしたまま冷ます。蒸し汁につけたままにして余熱で火を通す。ぱさつかず、しっとりとジューシーに仕上がる。

  • メキシコ料理には欠かせないサルサソースが主役。たっぷり野菜の旨味と、青唐辛子の爽やかな辛みがクセになる、暑い夏にぴったりの味。余分に作っておいて薬味として使っても。

副菜 memo

残った香菜を使って

サルサソースに使った香菜を副菜に添えて夏に合う爽やかな献立に。フライパンでニンニクをカリっと炒めて香りをつけた油を豆腐と香菜にかけて。お酒もすすむ副菜に。