今日の晩ごはん

タコとエビ、ジャガイモのグリル 菜の花ジェノベーゼ風ソース添え

調理時間
30分

味に深みを出してくれる菜の花ソース

ジャガイモは茹でてから焼くことで魚介の旨味をたっぷり吸い、より美味しく。旬の菜の花で作る、ほろ苦いソースとの味のバランスが絶妙です。

材料 ( 2人分 )

  • 茹でダコ …100g
  • エビ …8尾
  • ジャガイモ …2個
  • 粗塩 …少々
  • オリーブ油 …適量
〈菜の花のジェノベーゼ風ソース〉
  • 菜の花 …1束(約200g)
  • アンチョビフィレ …2切れ
  • ニンニク(みじん切り) …1/2片分
  • オリーブ油 …大さじ3
  • 塩 …小さじ1/2
  • 黒こしょう …少々

作り方

1 下ごしらえをする
タコは食べやすい大きさに切る。エビは尾を残して殻をむき、背ワタを取り除く。塩、酒各少々(分量外)をまぶし、軽く揉む。洗ってキッチンペーパーで水けを拭く。ジャガイモは皮付きのまま、竹串がすっと通るまで茹でて、食べやすい大きさに切る。
2 焼く
耐熱皿に1を並べて塩を振り、オリーブ油を回しかける。180℃のオーブンで焼く10分焼く。
3 ジェノベーゼソースを作る
菜の花は塩茹でしてザルにあげ、すぐに冷水に取って水けを絞る。フライパンにオリーブ油大さじ2を熱し、ニンニクを入れて香りが立ってきたら、アンチョビを加えてよく混ぜる。菜の花、塩、こしょうを加え全体に味が回るまで炒める。フードプロセッサーにオリーブ油大さじ1とともに入れて撹拌する。
4 仕上げる
2に3をのせていただく。

Point

  • バジルのかわりに菜の花を使う

    バジルを使って作るジェノベーゼソースを、旬の菜の花を使ってアレンジ。ほろ苦い味と、ぽてっとした口当たりが新鮮。冷蔵で1週間保存可能。

副菜 memo

〆にパスタやごはんを

魚介類の旨味がたっぷり染み出た油に、茹でたパスタやごはんをあえて食べるのがおすすめ。白ワインとも相性抜群なので、お酒のつまみにもなる。

❝this❞ is my life. INTERVIEW
WEDGWOODの「Gio」で料理がもっと楽しくなる! みないきぬこさんの料理教室
カレーもおこわもワイン煮も!甘さを活かしたサツマイモレシピ