今日の晩ごはん

豚とアサリのアレンテージョ風

調理時間
30分(肉に漬ける時間は除く)

アサリと豚肉の組み合わせが新鮮

ポルトガル南部の郷土料理。アサリと豚肉の旨味たっぷりのソースを、ジャガイモにたっぷりと吸わせるのがポイント。豚肉は厚めに切って、ボリュームたっぷりのひと品に。白いご飯とも相性抜群。

材料 ( 4人分 )

  • 豚かたまり肉(肩ロースまたはバラ) …300g
  • アサリ(砂抜き済みのもの) …200g
  • ジャガイモ …2個
  • 赤パプリカ …1/2個
  • ニンニク(すりおろし) …1片分
  • 香菜 …1束
  • 塩 …小さじ2
  • 揚げ油 …約大さじ2
  • レモン …適宜

作り方

1 豚肉に下味をつける
豚肉はひと口大に切り、赤パプリカはすりおろす。ボウルに豚肉、赤パプリカ、ニンニクを入れて全体を混ぜてポリ袋に移す。冷蔵庫で1時間~ひと晩置く。
2 ジャガイモを揚げる
ジャガイモは皮付きのままひと口大に切る。フライパンに揚げ油を中温に熱し、きつね色になるまで5~6分揚げて取り出す。
3 アサリを加える
2のフライパンに1の豚肉を入れて中火で焼き、表面が色付いてきたら塩をふり、アサリを加えて蓋をする。
4 仕上げる
アサリが半分くらい開いてきたら2のジャガイモを加えてざっと混ぜ、火を止める。余熱でアサリの殻が開いたら皿に盛り、ざく切りにした香菜を散らし、好みでレモンを添える。

Point

  • 肉をマリネする

    ポリ袋に豚肉、パプリカ、ニンニクを入れてマリネする。ポリ袋に移してもみ込むことで、味がまんべんなくいきわたる。香りが強いので袋は二重にするのがおすすめ。

  • アサリを加える

    肉の表面が色付いたらアサリを加える。火を通しすぎると縮んで硬くなってしまうので、必ず時間差で加えるのがポイント。貝が半分くらい開いたら余熱で火を通す。

副菜 memo

酸味を効かせた副菜を

パンチの効いた味わいの主菜には、キリっと酸味が効いた副菜が好相性。ワインビネガー、オリーブ油、イタリアンパセリと和えたタコのマリネなどがおすすめ。

❝this❞ is my life. INTERVIEW
WEDGWOODの「Gio」で料理がもっと楽しくなる! みないきぬこさんの料理教室
カレーもおこわもワイン煮も!甘さを活かしたサツマイモレシピ