今日の晩ごはん

エスニック鮭タケノコご飯

調理時間
40分(米をザルに上げておく時間は除く)

ナンプラー香る、炊き込みご飯

濃厚な旨味をもつナンプラーを使えば、ダシいらず。塩鮭の絶妙な塩けがクセになるはず。香菜をたっぷり混ぜ合わせて異国情緒漂う炊き込みご飯に仕上げます。

材料 ( 4人分 )

  • 米 …2合
  • 塩鮭 …2切れ
  • タケノコ(水煮) …100~150g
A
  • 水 …400ml
  • 酒 …大さじ2
  • ナンプラー …小さじ2
  • ショウガ(千切り) …1片分
  • 香菜 …適量

作り方

1 下ごしらえをする
米は洗ってザルに上げ、約30分置く。魚焼きグリルで鮭を焼き色が付くまで焼く。タケノコは薄切りにして一度煮こぼす(途中アクが出たら取り除く)。
2 米を炊く
鍋に米、Aを入れて軽く混ぜ、その上に鮭、タケノコ、ショウガをのせる。蓋をして中火にかけ、煮立ってきたら弱火で15分炊く。そのまま10分蒸らす。炊飯器の場合は炊き込みご飯モードで炊く(なければ通常通りで可)。
3 仕上げる
鮭は骨を取り除いてほぐし、底からさっくりと混ぜ合わせる。刻んだ香菜を散らす(香菜が苦手な場合は、万能ねぎや白髪ねぎなどでも)。

Point

  • 具材をのせて炊く

    水、酒、ナンプラーを米と混ぜ合わせてから、鮭やタケノコなどの具材をのせて炊く。具材と米を混ぜ合わせてしまうと、加熱ムラが起きるので注意。

副菜 memo

エスニックなおかずを

ナンプラーと香菜のエスニックな香りが漂う主菜には、タイ風オムレツのバインセオや、豚ともやしのナンプラー炒めなどを合わせて統一感のある献立に。

壱岐ゆかりさんのフラワーアート講座「フラワータペスリーをつくる」応募受付中! kurashiのマナビ舎vol.03 がま口ポーチ講座 アンケートに答えると特別価格で参加のチャンス!尾田衣子さんの料理教室~GLOBALとGLOBAL-ISTを切り比べられます!~ カレーもおこわもワイン煮も!甘さを活かしたサツマイモレシピ