今日の晩ごはん

焼きサバの棒寿司

調理時間
60分(冷蔵庫で休ませる時間は除く)

手みやげに重宝する、お手軽サバ寿司

塩サバを使って家庭でも作りやすく。ラップで巻いて作れるのも魅力です。大葉の爽やかな苦みと好相性。「人が集まる日や、手みやげとしてよく作ります」。

材料 ( 4本分 )

  • 米 …1合
  • 塩サバ …4枚
  • 酢 …大さじ4
A
  • 酢 …大さじ2
  • 砂糖 …大さじ1
  • 塩 …小さじ1/2
  • 白ごま …大さじ1
  • 大葉(せん切り) …適量
  • ショウガの甘酢漬け …適宜

作り方

1 酢飯を作る
米は洗って、ザルにあげて水気をきる。炊飯器の内釜に入れて目盛りまで水を注ぎ、炊く(水は減らさず、通常通りに炊く)。炊きあがったらボウルにご飯を入れ、混ぜ合わせたAを手早く回しかけ、白ごまを加えて混ぜ合わせる。
2 サバを焼く
サバは小骨を除き、バットに入れて酢をかけて全体に絡める。約15分置いてなじませる。魚焼きグリルでサバを両面焼き色がつくまで焼き、粗熱を取る。
3 巻く
ラップを広げてその上に焼きサバを皮目を下にして置き、1の1/4量をサバからはみださないように重ねてキャンディ状に包む。残りも同様にする。冷蔵庫に入れて約1時間休ませる。※あれば、巻きすで巻いて輪ゴムで止めると形がより安定する。
4 仕上げる
3をラップで包んだまま切り分け、ラップを外して盛りつける。大葉をのせていただく。好みでショウガの甘酢漬けを添える。

Point

  • ラップで簡単で作れる

    ラップの上にサバを置き、その上にはみださないように酢飯をのせてキャンディ包みにする。冷蔵庫に入れて休ませると味、形ともに安定する。

副菜 memo

定番のショウガの甘酢漬けを

寿司には欠かせないのがショウガの甘酢漬け。しらいさんはそれにミョウガを加えてアレンジしたものをよく合わせるそう。シンプルなお吸い物を添えても。

手島渚さんの「腸から身体をととのえる」女性の不調を改善するセルフ腸もみ講座 募集開始 料理家・真藤舞衣子 × fog linen work × Kurashi ワンピース、ローブ、作業着にも使えるリネンのかっぽう着「ホームドレス」9/20(木)11時より数量限定で再販開始! 基本から応用まで!今が旬の鮭レシピ