今日の晩ごはん

タコの後のせ炊き込みごはん

調理時間
40分

タコの旨味と食感が主役です

火を通すと縮みやすいタコは、炊きあがってから入れて少し蒸らすのがコツ。ミョウガや大葉を散らして、爽やかな大人の味に仕上げます。ふわっと香るごま油がたまりません。

材料 ( 3〜4人分 | 作りやすい分量 )

  • 米 …2合
  • ゆでダコ(ゲソの部分) …150~180g
  • 醤油、ごま油 …各小さじ1
  • ミョウガ …2個
  • 大葉 …3~4枚
  • 酒 …大さじ2
  • 醤油 …小さじ1と1/2
  • 塩 …小さじ1/2
  • ダシ汁 …360ml(冷めているもの)
  • ショウガ …中1片(千切り)

作り方

1 下ごしらえをする
米は洗ってザルに上げておく。タコは5~6㎜厚さに切り、ボウルに入れてAと和える。ミョウガは縦半分に切ってから斜め薄切りにし、大葉は粗みじん切りにする。
2 炊く
炊飯器の内釜に米を入れてダシ汁を2合の線まで注ぎ、Bを加えて混ぜる。ショウガを上にのせて炊く。
3 仕上げる
炊けたら1のタコを調味液ごと加えて蓋をし、少し蒸らしてミョウガを加えて混ぜる。茶碗に盛り、大葉を散らす。

Point

  • タコは後から加える

    タコは米と一緒に炊くと縮んでかたくなってしまうので、炊きあがったタイミングで加えて混ぜる。炊飯器の蓋をして少し蒸らして旨味を引き出す。

副菜 memo

手軽に作れる汁ものを

タコがたっぷり入ったご飯には、あとは汁ものがあれば十分。ダシ汁に、すりおろした長いもをプラスした簡単とろろ汁を添えて。

料理家・真藤舞衣子 × fog linen work × Kurashi ワンピース、ローブ、作業着にも使えるリネンのかっぽう着「ホームドレス」9/20(木)11時より数量限定で再販開始! 暑い日には“さっぱり”をプラス 爽やかさが決め手のレモンレシピ