今日の晩ごはん

和風サルティンボッカごはん

調理時間
30分

イタリア気分で楽しみたいワンプレート

ローマの郷土料理のサルティンボッカは、豚肉と生ハムの旨味が広がるコクのある美味しさ。相性抜群のバターライスと、ポテト、サラダを添えて華やかなワンプレートに。

材料 ( 2人分 )

  • 豚肩ロース(焼肉用など少し厚めの薄切り肉) …4枚(約100g)
  • 生ハム(大) …1枚
  • 大葉 …2枚
  • 強力粉 …適量
  • 黒こしょう …少々
  • オリーブ油 …適量
  • 白ワイン …大さじ2
  • 無添加コンソメ …小さじ1/6(0.5g)
  • 水 …60cc
  • バター …ひとかけ

作り方

1 豚肉を伸ばす
豚肉は水分をふき取り、肉叩きで(もしくはビンの底などを使って)軽く伸ばし、片面にこしょうを振る。
2 食材をのせる
こしょうを振っていない面に大葉1/2枚をのせる。その上から生ハムをのせてしっかり密着させる(生ハムは肉の面積の2/3くらいの大きさが目安)。両面に強力粉をつけ、余分な粉をはたく。
3 焼く
フライパンに油を入れ熱し、生ハムの面を下にして豚肉を並べ入れる。生ハムに火が入って色が変わったら、ひっくり返す。
4 白ワインを加える
焼き色が付いたら、白ワインを加えて煮詰めていく。
5 煮詰める
煮詰まったら、無添加コンソメを水で溶いたものを加え、たまにフライパンを揺すりながら煮詰めていく。
6 バターを加える
少し煮詰まって、とろみが出てきたら、バターを加えて火を止める。器に、できあがったものとバターライス、サラダ、ジャガイモのローストを盛り付ける。
[バターライスの作り方]
米2合は洗って鍋に入れ、米と同量の水を入れる。無添加コンソメ2gを加えて軽く混ぜ、バター10~15g、タイム1枝、ローリエ1枚をのせて蓋をし、強火にかける。吹いたら弱火にして10分炊き、火を止めて10分蒸らす。※すべての材料を炊飯器に入れて炊いても良い。
[サラダの作り方]
バルサミコ酢大さじ1、塩ふたつまみ、オリーブ油大さじ2をよく混ぜ合わせる。好みの野菜は洗って食べやすく切り、ドレッシングと和える。
[ジャガイモのローストの作り方]
ジャガイモ適量は皮からゆで、軟らかくなったら皮を剥き、ゆでて食べやすい大きさに切る。フライパンにオリーブ油適量を敷き、こんがりと焼き目がつくまで焼く。熱いうちに塩適量をまぶす。

Point

  • 生ハムはのせすぎないよう注意する

    生ハムの量は、豚肉の面積の2/3までを目安にする。のせすぎると、塩辛く仕上がってしまうので注意しよう。

  • サルティンボッカの美味しさを引き立てるのがハーブの香り。本場ではセージを使うが、その代わりに手に入りやすい大葉を使えば、ご飯によく合う味わいになる。

副菜 memo

ジャガイモのローストと箸休めのサラダを添えて

サルティンボッカのコクのあるソースには、香ばしいジャガイモのローストがよく合う。箸休めにさっぱりとしたサラダを添えれば、リズム良く食べられる。