今日の晩ごはん

韓国風水餃子(キムチマンドゥ)

調理時間
20分

具だくさんでヘルシーにいただく

キムチと豆腐がベースの韓国風水餃子は、たっぷりのきのこや野菜と一緒にゆでてヘルシーに。多めに作って冷凍しておけば、即席スープや副菜、寒い季節にはお鍋にも。

材料 ( 20~25個分 )

  • 木綿豆腐 …1/2丁(100~150g)
  • キムチ …100g
  • 牛挽肉(または豚挽肉) …50~100g
  • もやし …100g
  • ギョーザの皮(大判生地厚め) …約20枚
<A>
  • ねぎ(みじん切り) …1/2本
  • すりごま …大さじ1
  • ごま油 …大さじ1
  • ニンニク(おろし) …小さじ1
  • ショウガ(おろし) …小さじ1
  • 醤油 …大さじ1~2
  • 塩・こしょう …適量
  • きのこ類(お好みで) …適量
  • 酢醤油 …適量

作り方

1 下ごしらえ
豆腐は水きりしておく。キムチはみじん切りにして水気をきり、もやしはゆでて細かく切り、水気をきる。
2 マンドゥを作る
ボウルに豆腐、キムチ、牛挽肉、もやしとAを入れてよく混ぜ合わせ、餃子の皮に帽子状に包む。
3 煮る
鍋にお湯を沸かし、水餃子ときのこを入れ、火が通ったら酢醤油でいただく。

Point

  • 水餃子を丸く成形する

    餃子の皮に具を包み、半月型に。その後両端を付け合わせるように丸く成形すると韓国風の形に。

  • 豆腐はよく水をきる

    豆腐はバットの上に置き、重石などをのせてしばらく置いておけば、しっかり水がきれる。

  • 水餃子だけを酢醤油でサッといただくのもシンプルで美味しいが、きのこなどをたっぷり入れ、具だくさんの鍋風にする。お好みの野菜を入れても◎。お鍋一つで満足できる。

副菜 memo

韓国風に味付けした刺身など

醤油の代わりにごま油+塩または酢+コチュジャンを付けたお刺身がおすすめ。韓国海苔やサンチュ、エゴマなどの葉もの野菜と食べれば、栄養も味もバランスよく決まる。