今日の晩ごはん

アサリとレンコンのパエリア

プチパーティーにもぴったり

アサリの旨味を生かして作るパエリアは、ダシいらずでお手軽。見た目にも豪華なので、たっぷり作って家族でわいわい囲んで食べたい一品。

材料 ( 2人分 )

  • アサリ …150g
  • レンコン …適量(12~13枚5ミリ幅スライス)
  • 米 …1カップ
<A>
  • お湯 …2カップ
  • 塩 …小さじ1
  • サフラン …4~5本
  • 玉ねぎのみじん切り …大さじ2
  • オリーブ油 …大さじ1
  • トマトペースト …小さじ2
  • 白ワイン …(あれば)大さじ2
  • ニンニク …1片(みじん切り)
  • イタリアンパセリまたはあさつき等 …適宜

作り方

1 ベースを炒める
フライパンにオリーブ油とニンニクを入れて弱火でじっくり炒める。ニンニクのいい香りがしてきたら中火にして玉ねぎ、トマトペーストの順に炒める。あれば白ワインを入れて鍋底をこそげ取り、アルコールを飛ばす。
2 具材とお米を加える
レンコンとアサリを入れてさっと炒め、米を洗わずに入れて混ぜ合わせ、Aを注ぎ入れて全体をかき混ぜる。
3 焼き上げる
210度のオーブンで15分焼く。味見して火が通っていれば出来上がり。※オーブンがない場合には、直火で弱火にして、水分がなくなるまで焼く。
4 仕上げる
味見して芯がのこっているようであれば、少しお水を差してさらに焼く。お好みでレモン、オリーブ油をかける。

Point

  • サフランは焼いてから使う

    サフランはそのままでもよいが、アルミホイルに包んでオーブントースターで焼いてから使うと色が出やすい。

  • トマトペーストをよく炒める

    ニンニク、玉ねぎを炒めたらトマトペーストを加え、さらによく炒める。ここで旨味をしっかり出すのがポイント。

  • 手に入りやすく旨味も多いアサリを使うのが小堀さん流。アサリの旨味がたっぷり染み込んで、ダシを使わなくても奥深い味わいになるのも嬉しい。

副菜 memo

オリーブなどちょっとした副菜を

オリーブやマリネなど、ちょっとした副菜を。おすすめは彩りもきれいなパプリカのマリネ。パプリカをローストまたはソテーして、ビネガーにつけるだけなので、パエリアを焼いている間にできる。