今日の晩ごはん

塩もみ春菊とラムの水餃子

調理時間
30分

春菊とラム肉の素材の味を存分に味わう

シャキシャキとした春菊の茎と、つるんとした餃子の皮の食感の違いがクセになる。ペニメニ(ロシアの餃子)風のまん丸な形もかわいい。

材料 ( 2人分 )

  • ラム肉 …100g
  • 春菊 …1把(約150g)
  • 塩 …小さじ11/2
  • 片栗粉 …小さじ1
  • クミンシード …小さじ1/2
  • 餃子の皮 …約20枚
  • ごま油 …適宜
<タレ>
  • オイスター …小さじ2
  • 醤油 …小さじ1
  • 酢 …小さじ1/2

作り方

1 下ごしらえ
春菊はみじん切りにしてボウルに入れ、塩と軽くあえて10分おく。水気をしっかりと絞る。
2 タネを作る
ラム肉は細かく切ってたたき、粘り気が出てきたら、1のボウルに入れる。そこに片栗粉、クミンシードを加えて混ぜる。
3 餃子を包む
2を餃子の皮で包む。皮を半分に折って閉じ口はしっかり閉じ、両端を合わせる。
4 ゆでる
ごま油をたらしたたっぷりの湯で、3~4分ゆでる(水面に浮いてきてから1分程度待つと丁度良い)。タレの材料をすべて混ぜたものをつけていただく。

Point

  • お湯にごま油をたらす

    お湯に油を入れると湯温が保たれ、皮同士がくっつきにくくなる。ごま油の香りは食欲をそそる効果も。

  • 家庭で活用するのは難しいと思われがちなラム肉は苦みのある春菊と合わせると独特の臭みが落ち着いて、より美味しさが際立つ。タネに入れる食材はこの2つに絞って、シンプルに。

副菜 memo

ごま油を用いて主菜と同じ雰囲気に

中華料理では定番のピリ辛キュウリは、餃子との相性抜群。ピューラーで皮をむいたキュウリとつぶしニンニク、赤唐辛子、ごま油で和えて仕上げにナンプラーをかければ完成。