今日の晩ごはん

イワシの蒲とろ丼

調理時間
20分

シンプルな素材なのに奥深い味わい

新鮮なイワシを蒲焼きに。そのままでも十分美味しいが、丼にすればよりボリュームのある豪華な一品。仕上げにかけるとろろが、蒲焼きと絶妙にマッチ!

材料 ( 2人分 )

  • イワシ …2尾
  • 山芋 …100g
  • ご飯(麦ご飯など) …丼2杯分
  • 大葉 …2枚
  • 片栗粉 …適量
  • サラダ油 …大さじ1
  • 刻みのり …適宜
<A>
  • ダシ汁 …大さじ2
  • 醤油 …小さじ2
  • みりん …小さじ2
<B>
  • 醤油 …大さじ11/2
  • 砂糖 …大さじ2/3
  • みりん …大さじ2/3
  • 水 …大さじ2/3

作り方

1 とろろを作る
Aは合わせておく。山芋をすりおろし、すり鉢に入れてAを少しずつ加えながらすり混ぜる。
2 イワシの下ごしらえ
イワシは頭を包丁で切り落とし、さっと洗って水気をふき手開きにし、腹骨をそぎ落として片栗粉を薄くまぶす。Bは合わせておく。
3 蒲焼きを作る
フライパンを中火で熱し油を入れる。イワシを入れ、焼き色がついたら裏返して弱火にし、火が通ったらBを加える。汁気がなくなるまで絡め焼く。
4 仕上げる
丼にご飯を入れ、大葉と3の蒲焼きを盛り、1のとろろをかける。仕上げにのりを散らす。

Point

  • 包丁を使わず手開きでイワシをさばく

    イワシの頭を切り落とし、内臓を取り除き、親指を尾に向けて中骨に沿うように動かしていく。同様に、開いていない側の身も指で動かしていけば手開きができる。

  • 蒲焼きをご飯にのせるだけでも美味しいのだが、さらにとろろをかけるのが齋藤さん流。「とろろは、今回のように味を付けるのがベストですが、ただすり下ろすだけでもいいですよ」。

副菜 memo

肉入りメニューでボリュームアップ

主菜となる蒲とろ丼が魚料理なので、サイドディッシュは少しボリュームのある肉を使ったメニューを選びたい。野菜がたっぷり入った豚汁なら栄養満点で食べ応えも十分。