今日の晩ごはん

うちの常夜鍋

調理時間
25分

毎日食べても飽きない鍋

ほうれん草、大根、白菜など冬の野菜をふんだんに使う、八木家の定番鍋。めんつゆをかけるアイデアは京都を旅行中に出合ったそう。後から味をアレンジできるのもこの鍋の魅力です。

材料 ( 4人分 )

  • 鶏モモ肉 …1枚
  • 豚肉(しゃぶしゃぶ用) …300g
  • ほうれん草 …1束
  • 大根 …縦1/4本
  • ニンジン …縦1/2本
  • 白菜 …1/8個
  • 長ねぎ …1本
  • シメジ …100g
  • ショウガ(薄切り) …2~3切れ
  • 水 …800ml
  • めんつゆ(3倍濃縮タイプ)、柚子こしょう、黒七味 …適宜
<ピーナッツダレ>
  • ピーナッツバター(低糖タイプ) …30g
  • 味噌 …10g
  • 醤油 …小さじ1/2
  • 鍋のスープ …大さじ1と1/2

作り方

1 下ごしらえをする
鶏肉は余分な脂を除いて、ひと口大に切る。ほうれん草は7~8㎝長さのざく切りにし、大根、ニンジンはピーラーで薄く削る。白菜はざく切りにし、長ねぎは斜め切りにする。シメジは食べやすい大きさにほぐす。
2 仕上げる
土鍋にショウガ、水、白菜の白い部分を入れて火にかける。沸いたら鶏肉を入れてアクを取る。再び沸いたらほうれん草、ニンジン、大根、長ねぎ、しめじ、豚肉を入れて火が通ったらいただく。好みでめんつゆ、柚子こしょう、黒七味や、ピーナッツダレの材料を混ぜ合わせたものを適量かける。

Point

  • 豚肉、鶏肉を両方使う

    肉は豚肉、鶏肉をダブルで使って2種類の旨味を

  • ピーナッツダレをかける

    ピーナッツバターに味噌や醤油を混ぜ合わせたピーナッツダレをかけていただくのがおすすめ。ほどよい甘さとコクがプラスされるので、味に変化を出したいときに。

副菜 memo

〆に稲庭うどんを

鍋の〆には冷凍の稲庭うどんを。麺が細いので短時間で味が染みる。あえてほろほろに煮崩れた鶏肉を残しておいて、一緒に食べるのもおすすめ。

❝this❞ is my life. INTERVIEW
WEDGWOODの「Gio」で料理がもっと楽しくなる! みないきぬこさんの料理教室
カレーもおこわもワイン煮も!甘さを活かしたサツマイモレシピ