今日の晩ごはん

カキのカレー

調理時間
30分

季節も楽しめる本格カレー

スパイスを使った本格的なカレーに、旬のカキを贅沢に加えて季節も楽しめるひと皿に。隠し味の梅干しが酸味のポイント。ご飯にたっぷりかけて召し上がれ!

材料 ( 2人分 )

  • カキ …200g
  • ココナッツオイル(なければサラダ油) …大さじ4
<A>
  • マスタードシード …小さじ1
  • フェンネル …小さじ1/2
  • カルダモン …3粒
  • カシア(シナモン) …小1片
  • クローヴ …3粒
  • ニンンク …1片
  • ショウガ …1片
  • 玉ねぎ …中1個
  • ホールトマト …400g
<B>
  • コリアンダーパウダー …大さじ1
  • ターメリック …大さじ1/2
  • 塩 …小さじ2
  • こしょう …適宜
  • 梅干し …1個
  • 香菜 …適宜

作り方

1 下ごしらえ
鍋にココナッツオイル、<A>のスパイスを入れて弱火にかける。カルダモンがぷっくりとふくらみ、マスタードシードがはじけてきたら、みじん切りにしたニンニクとショウガを加え、香りが立ったら切った玉ねぎを加えて茶色くなるまで炒める。
2 煮込む
<1>にホールトマトを加えてつぶしながら炒め、<B>のスパイスと塩、こしょうを加えて炒める。少し煮詰まってトマトの水分がなくなってきたら500mlの水を加え、軽く潰した梅干しを入れて5分ほど煮込む。
3 盛りつける
お好みで香菜の茎や根を細かく刻んで加え、ルウに少しとろみがついたら最後にカキを加え、カキに火が通ったら出来上がり。(カキを入れてから1分ぐらい。)

Point

  • 玉ねぎを短冊切りに

    半分に切った玉ねぎを横に倒して、上下に分かれるように切る。そして、繊維にそって細かく切ると美味しく切れる。

  • より本格的なカレーを作るとなると、手に入りにくい食材がある。その時には、日本の食材で代用するのが村上さんのアイデア。今回は、タマリンドの代わりに、梅干しを種ごと加えている。

副菜 memo

副菜も異国の香りをプラス

本格的なカレーの副菜には、「白菜のアチャール」を添えて全体的に異国を感じて楽しんでみるのも◎。短冊に切った白菜に、塩を振って少ししんなりしたら水気を絞り、針ショウガとレモン汁、好みでチリパウダーを和える。