今日の晩ごはん

焼きねぎと油揚げの卵丼

調理時間
15分

手軽に作れる和食丼

長ねぎのとろっとした甘みと、油揚げがベストコンビの丼。ちりめんじゃこのアクセントがたまらない。手軽に作れるので、忙しい日にも嬉しいレシピ。

材料 ( 2人分 )

  • 長ねぎ …1本
  • 油揚げ …1枚
  • ちりめんじゃこ …大さじ2
  • 溶き卵 …2個分
<A>
  • ダシ(鰹節と昆布) …150cc
  • 醤油 …大さじ1と1/2
  • 酒 …大さじ1
  • みりん …大さじ1
  • きび砂糖 …大さじ1
  • 刻みのり …適宜
  • ご飯 …丼2杯分

作り方

1 下ごしらえ
油揚げはざるにのせ、両面に熱湯をかけて油抜きし、水気をしっかり取って、横半分に切ってから大きめの短冊切りにする。長ねぎは2㎝幅に切る。
2 焼く
小さめのフライパンで、<1>の油揚げとねぎを返しながら焼き色がつくまで弱めの中火で焼く
3 煮る
<2>に合わせた<A>の材料とちりめんじゃこを入れ、3分~5分煮る。2/3量の溶き卵をまわし入れ、蓋をして1分煮たら残りの溶き卵を加えて火を止め、蓋をして1分蒸らす。
4 盛り付ける
丼にご飯をよそい、<3>をかけて、お好みで刻みのりをのせる。

Point

  • 長ねぎと油揚げは一緒に焼く

    油揚げから出る油が、程よく長ねぎになじんで香ばしく焼ける。また油揚げの余分な水分も飛んで、煮汁が薄まらず一石二鳥。

  • 長ねぎを最初に香ばしく焼くのが三田さん流。ちょっとしたひと手間を加えることで、長ねぎのとろっとした食感や甘みもぐんと増す。

副菜 memo

副菜にはぬか漬けを

丼の具はご飯とよく合うようにしっかりとしたの味つけにしているので、箸休めにぬか漬けなどさっぱりとしたものがよく合う。彩りのよい紅ショウガを添えても美味。