今日の晩ごはん

豚バラとゴボウのピリ辛味噌焼き丼

調理時間
20分

厚切り肉の切り方を工夫してよりジューシーに

関西風すき焼きのように、焼いた肉に直接砂糖を振りかけて味を染み込みやすくさせるのがポイント。甘辛肉とシャキシャキキャベツの相性が抜群。

材料 ( 2人分 )

  • 豚バラブロック …300g
  • ゴボウ …1/2本
  • キャベツ …適量
  • きび砂糖 …大さじ1
<A>
  • 味噌、酒 …各大さじ1
  • 醤油 …小さじ1
  • 豆板醤 …小さじ1/2~※好みで調整する
  • 植物油 …大さじ1
  • ご飯 …2膳分

作り方

1 下ごしらえをする
豚肉は端から5~6mmのところに深く切り込みを入れてさらに5~6mm幅のところで切る。これを繰り返してすべて同じように切る。ゴボウはささがきにして水にさらす。キャベツは千切りにする。
2 炒める
フライパンに油を中火で熱し、豚肉を開いて入れて両面を焼く。肉に焼き色がついてきたら砂糖を直接振りかける。砂糖が溶けてきたらひっくり返し、<A>を加えて豚肉に絡める。肉を取り出し、残っている調味料でゴボウを炒める。
3 仕上げる
器にご飯と千切りキャベツ、豚肉をのせる。フライパンにタレが残っていれば豚肉の上にかける。

Point

  • 肉に砂糖を振る

    焼き色がついた肉に、直接砂糖を振りかける。そうすることで、肉に味が入りやすくなる。

  • 厚く切った肉の真ん中に切込みを入るように切って、開く(切込みから入れても、先に約1㎝幅に切ってから中央に切込みを入れても可)。この切り方をすると、加熱しても肉が縮みにくく、大きいままで食べ応えが。

副菜 memo

さっぱりとしたおかずを添える

肉を砂糖と醤油で甘じょっぱく、そしてジューシーに仕上げたおかずには、口の中をさっぱりとさせてくれる副菜が欲しくなる。柚子と塩昆布で和えた即席漬けを添えて、口あたりを心地良く、爽やかに。