今日の晩ごはん

サンラータン雑炊

調理時間
15分

野菜と納豆たっぷりで栄養満点!

わざわざ肉を買わなくても、手頃に買える納豆を入れて満足度アップ! まろやかな酸味と野菜が、疲れている身体に元気をくれるので、体調がイマイチという時にも重宝する。

材料 ( 2人分 )

  • ニンニク …1/2片
  • ショウガ …1/3片
  • 豆もやし …1/2袋
  • しいたけ …3個
  • 長ねぎ …1/2片
  • 香菜 …適量
  • 卵 …1個
  • 納豆 …1パック
  • 豆腐 …1/2丁
  • ご飯 …茶碗1杯分
  • ごま油 …適量
  • 水 …3カップ
  • 鶏ガラスープの素 …大さじ1
  • 醤油 …大さじ1
  • 酢 …大さじ2
  • 塩 …適量
  • こしょう …適量
  • ラー油 …適量

作り方

1 野菜を下ごしらえする
ニンニク、ショウガはみじん切りにする。豆もやしはさっと洗っておく。しいたけは3mm幅に切る。長ねぎは斜め薄切りにする。香菜は粗めに刻んでおく。
2 炒める
鍋にごま油、ニンニク、ショウガを入れ火にかけ、香りが出てきたら、しいたけ、長ねぎを入れさっと炒める。
3 煮る
水、鶏ガラスープの素、豆もやし、ご飯を加えひと煮立ちしたら、納豆、軽く崩した豆腐、醤油、塩、こしょうを加え、溶いた卵を流し入れる。
4 仕上げる
酢を加えて火を止める。器によそってパクチーを盛り、ラー油をかける。

Point

  • 酢の風味を生かす

    酢を入れてから火を通すと、香りが飛んでしまうので、入れたらすぐに火を止める。すっきりした風味が生き、香菜とは違う爽やかさが生まれる。

  • 大好きな香菜をたっぷりと添えるのが、夏井さん流。酸味とほのかに辛味のある雑炊に、香菜の独特の風味が味のアクセントになる。料理全体が爽やかになり、食べやすくなる。

副菜 memo

甘みのあるおかずが
ぴったり

ゴボウとニンジンのきんぴらなどを合わせて。雑炊に酸味と辛味があるので、きんぴらのような甘みのあるおかずと食べると、味のバランスがよくなる。他に、野菜のごま和えなどを添えても、美味しい。