今日の晩ごはん

焼き野菜と白身魚のスープ煮

調理時間
30分

野菜はじっくり焼いてから。夏にぴったり簡単スープ煮

具材を焼いて、さっと煮るだけ。味付けも塩、こしょうと超簡単レシピ。野菜もたっぷり採れる栄養満点のスープ煮はぜひ冷やしていただきたい。

材料 ( 2人分 )

  • ズッキーニ …1本
  • かぼちゃ …200g
  • 赤パプリカ …1/2個
  • 玉ねぎ …1/2個
  • ミニトマト …12個
  • 白身魚(タラ、スズキ、タイなど) …2切
  • ニンニク …1片
  • 水 …400ml
  • ローリエ …2枚
  • タイム …適量
  • バジル …適量
  • 塩 …小さじ1/2
  • オリーブ油 …大さじ2

作り方

1 下ごしらえをする
ズッキーニは1cm厚の輪切りに、かぼちゃは1cm厚さで食べやすい大きさに切る。玉ねぎは4等分のくし形に切る。ミニトマトはヘタを落としておく。白身魚は皮のウロコを除き、食べやすい大きさに切り、塩、こしょう(分量外)を振る。
2 焼く
フライパンに油大さじ1、ニンニク1/2片を入れて弱火にかけ、香りがしたら白身魚を両面焼き色がつくまで焼く。一度フライパンを洗い、再び油大さじ1、ニンニク1/2片を入れ弱火にかけ、切った野菜を塩、こしょう(分量外)を振り、焼き色がつくまで焼いていく(ミニトマトは水分が出るので最後に焼くとよい)。
3 煮る
焼いた魚と野菜を鍋に移し、ローリエ、水を入れ、蓋をして中火にかける。(煮ている間に野菜からも水分がでるので、水に浸かってない具があってもOK)。沸いたらアクをとり、極弱火で5~10分間、野菜が崩れないよう、さっと煮て、塩で味を調える。
4 仕上げる
器に盛り付け、タイムとバジルを小さく刻んで添える。温かいままでもよいが、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やして、冷たい状態でいただいても美味しい。

Point

  • 野菜をじっくり焼く

    野菜はしっかりと焼き色がつくまで焦らずにじっくり焼くこと。甘味がしっかりとでるので、さっと煮込むだけでも味がしっかりつく。夏は煮込む時間は少ない方がさっぱりといただける。

  • 季節に合わせて、バジルとタイムはフレッシュなものを仕上げに使う。魚から出る旨味と野菜から出る甘味をハーブの香りが爽やかにまとめあげる。

副菜 memo

食卓を華やかにするひと品を

ルッコラや、クレソン、グリーンリーフなど、緑の色が鮮やかなグリーンサラダを添えると、スープ煮のトマトやパプリカの赤も引き立って食卓が鮮やかに。