今日の晩ごはん

鶏と木の実の黒酢炒め

調理時間
30分

黒酢でコクと美しい照りを出して

ほどよい甘みがのる黒酢は、炒め物をワンランクアップさせてくれる調味料。鶏は皮目をパリっと焼きつけて肉汁を閉じ込めます。ナッツは複数の種類を使って味に広がりを出して。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏モモ肉 …1枚(約200g)
  • 木の実(アーモンド、くるみ、落花生など素煎りしたもの) …60g
  • まいたけ …1/2パック
  • 栗 …2個
  • ニンニク …1片分(薄切り)
<A>
  • 黒酢 …大さじ2
  • 醤油 …大さじ1と1/2
  • みりん …大さじ1
  • 塩、こしょう …各少々
  • 片栗粉 …適量
  • ごま油 …大さじ1

作り方

1 下ごしらえをする
鶏肉は食べやすい大きさに切り、塩、こしょうを振って片栗粉をまぶす。まいたけは食べやすい大きさにさく。栗は鬼皮と渋皮を包丁で削り、他の木の実の大きさに合わせて刻む。
2 鶏肉と栗を焼く
フライパンにごま油を入れ、栗と鶏肉の皮目を下にして並べ、中弱火にかける。皮目がこんがり焼けたら、ニンニクを加える。
3 炒める
香りが立ったらまいたけ、木の実を加えて炒める。まいたけに火が通ったら、よく混ぜ合わせたAを加えて、中火で汁気が飛ぶまで炒め合わせる。

Point

  • 鶏肉は皮目をしっかりと焼く

    鶏肉は皮目を下にして並べ入れ、パリっと焼き色がつくまでしっかりと焼く。香ばしくなり、味わいにメリハリがつく。

  • 木の実と栗、鶏肉を一緒に炒める

    アーモンドやくるみ、落花生などの木の実と栗を鶏肉と一緒に炒める。食感にアクセントが生まれ、複雑な味わいに。また栗を使うことでいつもの炒めものに季節感が出せる。

副菜 memo

副菜選びに迷ったら青菜を

薬膳では「青菜は血液を作り出す」と考えられているので、山田さんは必ず青菜を使った料理を添えるそう。副菜選びに迷ったら、どんな料理にも合うほうれん草などのおひたしや白和えを合わせて。