今日の晩ごはん

鶏とカリフラワーのレモン鍋

調理時間
30分

食材の魅力がぎゅっと集まった洋風鍋

余計な調味料は使わずに骨付き肉から出る旨味をとことん楽しむひと品。食材は時間差で入れて、ベストなタイミングでいただくのがポイント。レモンでぐっとよそゆきの味に。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏モモ骨付き肉 …300g
  • カリフラワー …1株
  • クレソン …2把
A
  • 水 …800ml
  • 酒 …大さじ2
  • 塩 …小さじ2/3
  • ニンニク …1片
  • ナンプラー …大さじ1/2
  • レモン(輪切り) …1/2個分
  • 黒こしょう …適宜

作り方

1 下ごしらえをする
カリフラワーは小房に分ける。クレソンは長い場合は半分に切る。
2 煮る
鍋に鶏肉、Aを入れて火にかけて煮立ったらアクを除く。弱めの中火にして蓋をし、約15分煮る。その後にカリフラワーとナンプラーを加えカリフラワーがやわらかくなるまで煮る。
3 仕上げる
3にクレソン、レモンを加えて好みで黒こしょうをかけていただく。

Point

  • 骨付き肉を使う

    寒い時期になるとスーパーでも出回るようになる骨付き肉は、旨味が豊富な優秀食材。塩、ニンニクなどと一緒に水からコトコトと煮込む。食材の味を生かすためアクは丁寧に取り除いて。

  • 最後にレモンの輪切りを

    レモンの酸味とほのかな苦みが全体の味を引き締めてくれる。レモンは長時間火にかけると苦みが強く出てきてしまうので、必ず最後に加えて。全体が爽やかな雰囲気に。

副菜 memo

美味しさが広がる副菜を

コトコト煮込んだ滋味深い鍋料理にはジャガイモとタコのホットチリサラダなど、アクセントになる副菜を。ジャガイモは多めに用意しておいて鍋に加えても美味。