今日の晩ごはん

白菜のよだれ餃子

調理時間
25分

よだれが出るほど美味しい餃子!

黒酢や醤油を合わせたタレに、ピーナッツ、くるみを添えて見た目も楽しいし餃子に。タネに卵を入れてよりジューシーに。寒い時期は鍋に入れて食べるのもおすすめ。

材料 ( 20個分 )

  • 餃子の皮 (大判) …20枚
  • 白菜 …100g
A
  • 豚挽肉 …200g
  • 卵 …1個
  • オイスターソース …小さじ1
  • 塩、こしょう …少々
  • もやし …1/2袋
〈タレ〉
  • ショウガ(みじん切り) …小さじ1
  • 醤油、黒酢 …各大さじ1
  • 砂糖 …小さじ2
  • ラー油、ごま油 …各小さじ1
〈トッピング〉
  • アーモンド、ピーナッツ、くるみ、ごま、ねぎ …各適量

作り方

1 タネを作る
白菜はみじん切りにする。ボウルに白菜、Aを入れて肉の色が白っぽくなるまでしっかりとこねる。タレの材料はすべて混ぜ合わせておく。
2 包む
1を20等分にし、餃子の皮にのせて包む。
3 ゆでる
鍋にたっぷりの湯を沸かし、もやしをゆでる。火が通ったら取り出して水気を切って皿に盛る。同じ鍋に2を入れて約5分ゆでる。皿に盛り、タレ、トッピングの食材をかけていただく。

Point

  • よだれ鶏の材料をタレに使う

    よだれが出てくるほど美味しいことから「よだれ鶏」と名付けられた中華料理を餃子のタレに応用。包んでゆでるだけの簡単な水餃子が凝った料理に早変わり。

副菜 memo

食感に特徴のあるものを

やさしい口当たりの水餃子には、「シャキシャキ」「コリコリ」など食感の楽しい副菜を。紫大根を昆布茶や塩、酢で和えた即席漬けなど色鮮やかなものだとなお◎。

みんな大好き!パターンいろいろ!アイデアカレーレシピ