今日の晩ごはん

アンチョビとジャガイモのガレット

調理時間
20分

ジャガイモをたっぷりと使ったカフェ風ごはん

ジャガイモをオリーブオイルでパリっと焼き上げるのが美味しさの秘訣。目玉焼きの黄身を崩しながら食べるのもまた違った味を楽しめる。

材料 ( 2人分 )

  • ジャガイモ …中2個
  • アンチョビ …2切れ
  • オリーブ油 …適量
  • 粗塩 …適量
  • 黒こしょう …適量
  • 卵 …2個
  • クレソン …適量
  • ルッコラ …適量

作り方

1 材料を切る
アンチョビは、粗く刻んでボウルに入れる。ジャガイモは皮付きのまま、スライサーでスライスしてアンチョビとざっくりと和える。
2 ジャガイモを焼く
フライパンに少し多めの油を熱し、1のじゃがいもを広げて焼く。焼き色がついたら裏返し、ヘラでフライパンによく押しつけ、反対側もしっかりと焼き、器に盛る。
3 仕上げる
2のフライパンで目玉焼きを焼き、ガレットに添える。塩、黒こしょうをふり、クレソンとルッコラを添える。

Point

  • ジャガイモはスライサーで

    火の通りがよくなるように、ジャガイモはスライサーで薄切りにする。切り終わった後は水にさらさずに焼く。

  • 塩の食感が残るよう、仕上げの粗塩をふる。塩は料理によって種類を使い分けると味や食感はもちろん見た目にもバリエーションがでて良い。

副菜 memo

色味豊かなキャロットラペ

粒マスタードで味付けしたキャロットラペや、赤玉ねぎのサラダのような色のきれいな副菜で、アクセントを付けると豪華なひと皿に。パンヤチーズをプラスすればワインのお供になる。